今年の残り期間

skyseeker Golden way on the sea. Taken at Nishiizu, Shizuoka Pref., Japan.

誰にでも平等に時間は流れる。
一日中寝てすごそうが、仕事ばかりしてすごそうが、
24時間は誰にでも24時間。

今年が残りあと4ヶ月。
年始には何やら悪い暗示の易がでて、まさにそのとおりに進んでいます。
易って、厳しいぐらいに正直で当たるなぁ・・・
2020年は大チャンスの年!

昨日、その師匠のところに伺う件があり、
用件と近況と織り交ぜてご報告し、アドバイスいただいてきました。

わたしは営業に向いていない、と分かっていつつも、
状況的にそうも言っておられずトライしているのですが、
やっぱり向いてないと💦
だからこのまま続けていても、結果らしい結果はでないかもしれない。

まずはリミット決めて挑むこと。
永遠に続く、と思わないこと。

そして(ここからが師匠らしいところ)
結果が出ても出なくても、それでいいんだ、と。

仕事は自分の魂の方向、本当にやりたいこと、自分の目的、を見出すためにあるもの。
仕事するために仕事があるわけではなく、
仕事をしながら、自分の中の様子を探り、
「これはわたしの求めているものだろうか?」と常に自問自答すること。

瞑想する時間がなくてもいい。
もちろん、瞑想すると静かになるから、心の声は聞こえやすくなるけれど。

一番ダメなのは、仕事に飲み込まれること。
仕事のために生きるのではなく、自分の目的を探すために仕事すること。
わたしにとって、仕事とは、そのためにある。

だから(隣にいる社長には申し訳ないけど)
わたしの営業結果がどうであれ、会社がどういう風に変わっていっても、常に仕事を通して考え続けること。

そして、自分の芯を作っていくこと。
揺らぎない、かつ、純粋なものができれば、もちろんベスト。

あと4ヶ月。
まだまだ色々なことが起こりそうだけど、
常に自分とありつづけ、
ふわふわせず、
真剣にすごしてみる。

もちろん息抜きもするけどね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク