自分を守り、整えること

Holy space in the glass.

小松菜が腐った、
という理由で、セルフ大激怒して、
ガッシャンガッシャン、大音響で野菜室の大掃除が始まった。

オンラインミーティングをしているわたしに、
相手の声がだんだん届かなくなる。

小松菜を買ったのも、
小松菜を管理していたのも、
わたしではない。
なので、ただ無言で仕事を続けた。

すると、
わたしが仕事をやめなかったのが悪かったのか?
かまってくれ、ということなのか、

今度はガラスのコップが床に落ちた音。
大きな叫び声が聞こえる。
やれやれ。

1時間という限られた時間の中でのミーティングだが、
ここで行かないと、怒りモード限界MAXになってしまうので、
ヘッドセットを放り出し、台所へ向かう。

破片が周囲にあり、
危なくて動けないようだ。
何か言っているけど、何を言ってるのか指示が明確に分からない。
ある種のパニックなのだ。

ちょっと考えて、やっぱりコレしかないか、と掃除機を出す。
彼が「ココ」「ここも」と怒って指図する場所に掃除機をかける。
ミーティングが気になるが、忍耐だ。

彼の足元に何回か掃除機をかけ、周辺もある程度かけて、
彼が安全に動けるようになったのに、
さらに「ココ」と言われたので、
思わず「自分でやってください!」と掃除機を投げ出してミーティングに戻った。

ヤバい、わたしは怒っている。
これは、相手の怒りに同調してしまっている。
この怒りはわたしの怒りではなく、彼のストレスの怒り。

「おまえのせいで、こっちもイライラすんだよ!」
なぁんて言っても、
1ミリも解決しない。
ただただ、お互いにヒートアップして、
最後にはモノが壊れ始めるか、どちらかが家を飛び出すか。

わたしも慣れない営業という仕事をしているせいで、
ストレスを感じ始めているから、
同調するのは、とってもたやすい。

自制心をはずすのは、とっても心地良いという誘惑もある。
そもそもわたしは悪くないのだから、
全責任を相手に投げつけて、怒ってしまえばスッキリする。

だけど、ここで、コントロールしなくては。
わたしの心が穏やかでいられるためには、
わたしがわたしの為に、環境を整えなくてはならない。

相手にわたしの心をコントロールする権利を渡しちゃいけない。

くやしくても、
感情的になっても、
わたしは悪くなくても。

ミーティングである程度、切り離して気持ちを落ち着ける。
あとは、テレビというありがたいものもあるので、
ちょっと元気になれるバラエティをつけて、
かわいいなぁ、すごいなぁ、という独り言から始めて、
おいしそうだよね!と彼に同意を求めるようにしていく。

彼も怒り続けるにはパワーが必要で疲れるし、
何よりも自分が怒り狂ったことを後悔している。

だからさりげなく、
笑いがあって、
目の前のものがおいしいね、
猫がかわいいねといえる雰囲気に戻していく。

割れたガラスのことも、
ミーティングで大事な部分を逃したことも、
小松菜がもったいなかったことも、
けっして口に出さない。

パートナーは一番身近な心の鍛錬相手だ。
わたしに何もなくても、何か起こしてくれる。
わたしの心の準備も、なんの前触れもなく、突然に。

ありがたく、今日も経験値が1exp増えた。
いつか彼のおかげで、わたしはすごい境地に達することができるかもしれない!
今日もありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク