自分のルーツ

starry sky

もうすぐお父さんの2回目誕生日。
どうして2回目かって?
だって、私、彼と再会できたのが2018年秋だったから。

だから、やっと、2回目のお祝い。

でも、彼はもう最初に会ったときみたいに饒舌にしゃべることも、
積極的に私の名前を呼ぶこともできない。
わたしと再会した後、わずか2ヶ月で急激に進んだ認知症。

会って、ニコニコしてくれる。
1回でも私の名を呼んでくれるとハッとして、
まだ覚えてくれていたんだ、と泣きそうになる。

ほんとうは、もちろん、とうぜん。
あのときに、捨てないでほしかった。

「生きていくのに苦しくて、手放してしまった。
でも、わかるだろ?
どうやって、男一人が、小さな子を育てながら生活していけるんだ?」

そう言われたときに、うんうんうなずいたけれども、
心の中では泣き叫んでいた。
それでも、見捨てないでほしかった、と。
あの記憶の中にぼんやりうつる、知らない女の人は誰?と。

彼は、大人になった私から問い詰められたくなかったのかもしれない。

認知症がひどくなる前に再会できたのは奇跡だろう。

でもやっぱり、ちょっとずるいな、お父さん、て思う。
あと何回お祝いできるだろ?

私の人間嫌いは明らかにあの瞬間から始まっているのだけど、
お父さんのことも許して、
そろそろ卒業するタイミング。

スポンサーリンク
スポンサーリンク