最初はやっぱり苦しい

Magic hour

今、新しい仕事にチャレンジしていて。
今まで一番避けてきた仕事。
それは「営業」。

そもそも人とつながるのが苦手だから、つながらなくてもいい技術を必死で身につけて、それで仕事してきたつもり。
だけど、その分野でプロフェッショナルになれることはなく。

体のいい「なんでも屋さん」になり。
結局、「なんでも屋」でも生きていけなくなったので、チャレンジせざるを得ないことに。

でも、人生、振り返ると「あっという間だったな」って思う。
今までの何十年分。

これからの人生も、つらくても、苦しくても、きっと振り返るときには「あっという間」に感じるのだろう。
ならば、ダメかもしれないけど、やってみるのもいいかなって。

たぶん、今を逃せば、私は一生やらない。
やらなかったことを後悔しないと思うけど、ちょっとでもヤル気があるなら、突っ込んでみようかなって、思って。

初めてのもの、しかも自分が望んでないもの、は、とにかく苦しい。
周囲と比べないでって言われても、がんがん押し寄せてくる周囲のプレッシャーに心が小さく小さくなってしまう日もある。

それでも、少しだけ、踏ん張ってみようと思う。

あっ、営業の人って、あまり「思う」とか推測形とか言わないほうがいいらしい。
断定だって。
自分の気持ちですら、断定できない人が、どうやって断定していくんだろう・・・?

明日も陽転思考でがんばろう!
打たれ強くなる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク