人の心を動かす話し方*和田裕美

人の心を動かす話し方

人の同意・共感を得たり、人にものを売るためには人の心を「YES」の方向へ動かさなければならない。売れる営業はどんな理論に基づいた言葉や話し方で人の心を誘導しているのか。成約率98%、世界No2.セールスウーマンとして知られる著者が説く、人間関係一般のコミュニケーション術にも通じる和田式話法の極意。

人の心を動かす話し方

まだ1章しか読んでいないけど、書いていることを実践して効果があったことがあるので、紹介したくなりました。

私は、陽転思考エデュケーター講座を和田さんから受けたのですが、その講義中にも、「人を動かす話し方」についての時間があり、この1章にある「自分から能動的に世界を変える」に近い話を聞きました。

学んだら早速、実践!

一番身近な家族もめちゃネガティブな思考法。
「こんな人といるから、私もネガティブになったのかも」
「どうしていつもネガティブ?もう一緒にいるのヤダー!」
こんな風に思っているから、当然、家庭内も重い空気が流れまくってました。

そこをホント、嘘でもいいから、明るく振舞い、
嘘でもいいから(内心かなり悔しくても)相手を褒め、
相手がイライラしていれば、それに反応せずに、その場から立ち去り、と。

最初は10やっても、効果1。
でも、めげずに(そこは陽転思考が役立ちます)10を続けていくと、
だんだんと1が2になり、2が4になり・・・
おかげで今は、何でも隠し事なく話ができる、一番の理解者になっています。

このコロナ禍の中、いやおうなく家族と24時間一緒にいることになります。
以前のような状態ならば、精神やられるだろうな、というのは容易に想像できます。

家庭内がいい雰囲気ではない人、たくさんいると思います。
今からでも、改善できます!
もし、万が一、改善できなくても、トライしたことで自分を褒めることができるし、別の場所でトライするための勇気に繋がるかもしれません。

最初はめっちゃ悔しい。
なんで自分が正しいのに、相手にニコニコしなくちゃいけないの?
褒められるべきは私なのに、どうして相手を先に褒めなくちゃいけないの?
でも、繰り返し、あきらめず、やってみてください。絶対に空気が変わります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク