逃げてもいいんだよ。

「気がつかない、早とちりする、ムダな作業が多い」
なぁんて、上司から言われたのです、私。

半年前も同じように言われて、
上司にとってはそこから1ミリも進歩していないので、
「なんで気がつかないんだろう、どうすればいいんだろう?」と自分自身に悲しくなり、
会社でしくしく泣いてしまいました。

陽転思考を身につけている私ですが、それでも、落ち込むときは落ち込みます。
「何度も根本的に同じミスをして、変われない私なんて、この会社にとっては不要なんだ」

こういう時は、確かに悪いのは私で、上司は私に期待をかけて叱ってくれるのですが、
そんなこと、私の中の私はまったく理解不能。

極端だと思われるかもですが、
怒られることがキライなので(誰でもそうだけど!)
まずは「怒られないように逃げたい」が働きます。
それでひどい時はここから自殺方向へ思考が進みます。

・・・という、自分の思考パターンが分かっているので、
私は、まずは一旦、この事実から離れるようにします。
ちょっと距離を置くのです。

そして自分を別のことでほめます。
「でも、私、今日、他の人ができない難しいこと調べて理解できたじゃん!」
「今日も朝、寝坊せずに起きて、会社まで満員電車にゆられて出勤してエライ!」

もぅ、それはごくごく当たり前のことでもいいんです。
恥ずかしがらず、とにかく自分をほめられることを探してほめておきます。
そうすると、徐々に立ち直ってきて、悲しくなくなったり、怒りも収まります。

そこで!←ここポイント
立ち直ってから、ゆっくり、客観的に「上司に指摘された点」を振り返るのです。
上司の顔とか、感情とかは思い出さず、とにかく客観的な事実のみ。

穏やかな気持ちで事実のみ振り返る。
そうすると、指摘点に納得できて、相手に感謝もできるようになります。

これ、繰り返してると、段々と立ち直るのが早くなります❤
打たれ弱い人、まずは自分を恥ずかしがらずにほめてあげてください。
心の中だけでほめればいいので、誰に話す必要もありませんので✨

スポンサーリンク
スポンサーリンク