「よっしゃ、目処ついた!保存しよ♪」からの「ガーン・・・」

今日は1日パソコンに向かう仕事。
定期的にお客様に送っている「ニュースレター」の原稿製作業務。
一人の方がはかどるので、この日だけは在宅で。

裏面の下半分、とあるインタビューからの記事編集。
インタビューは10分以上あるのに、実際に紙に落とすのは350字程度。
このブログよりも短いんです!!

伝えたいことは何か?
どこを残せば自然なアピールになるか?
口調と違う書き起こしになってないか?

など色々考えていたら、やっぱりその小さな面積に1時間近くかかっていたのでした。
やっとできて、おなかも十分すいていて、昼を食べてないのに時間はもう15時まわってる。
「よっしゃ、目処ついた!保存しよ♪」

と、保存ボタンを押そうと思ったら・・・
「このソフトは強制終了となります」

っていきなり!?
「ガーン・・・」

保存しておいたファイルを見ると、1時間以上前のものしか残っておらず、その時点では別の部分も完全ではなくて。
おなかはすいたし、でも、止めるわけにいかなくて、泣きっ面に鉢😵

だけど、この時に思考は普段のクセでおかしな方向に進みます・・・
「ソフトが強制終了して”よかった”」

全然よくないんだけど「よかった」と考えると、私たちの脳って単純で
「えっと・・・なんでよかったんだっけ?」と理由を考え始めます。
そして、こじつけでも理由がみつかればもうけもん😍

「朝から保存してなかったら、もっと大変なことになってた!よかった」
「油断してた、次からはこまめに保存するぞ、同じ失敗しない!よかった」

これで、なんとなく気分が良くなって、最後まで続けられたのでした♪
陽転思考、サイキョーです✨

スポンサーリンク
スポンサーリンク