矯体法(きょうたいほう)手技療法の練習中♪

矯体法・手技

今、月に1回、2泊3日で「矯体法(自然総合療法)」について学んでいます。
矯体法において、一番メインとなるのは手技。
骨格・関節・筋肉を整え、不快な状況を改善に導く方法です。

この矯体法で大切にするのが「背骨」
とにかく背骨を中心に、左右のバランスを整えるよう、
手技を加えていきます。

今日はセンター長である、うちの会社代表を施術させてもらい、
今週末、開業研修に望む私に向けてアドバイスをいただきました。

手技の前に内臓機能のバランスをみるヘルスチェックを行い、
それにつづき手技で体全体を整えていきます。

写真は背中をねじる動作中!
もちろん左右同じようにねじり、こわばっている部分にアプローチします。

私のもっかの目標は「必要な分だけ力を入れる」です。
まだまだ人の体を触りなれていないので、
力をうまく加えることができず、
「もうちょっと力を入れてくれたら、気持ちいいのに!」と思われるみたい。

うちの会社は私以外はみんなすでに有資格者。
だから、みんな先生。
いろんな先生に試しに受けていただきながら、指導いただけるありがたい環境!

これをきちんと生かしていきたいのだけど、
実際には本業が忙しくて、この第2のスキルに力を入れられない状況・・・
それでも休みの日に家族や大切な人に受けてもらったり、
忙しい先生たちに頼み込んで指導してもらったり。
着実に最初よりも形が出来てきました!

今日はこの代表の次に受けてもらったスタッフから
「体があったかくなったよ~!伸ばしてもらって気持ちよかった!!」と感想をもらい、
とっても嬉しかったです☆

今週末に行って、試験で合格すると開業資格を得ることになります。
そうするとお金を取ってプロとして矯体法を行えるという立場。
もっとしっかりと技術を身に付けていかなくちゃ!と気を引き締めています。

まずは「気持ちよかったよ~」の声を目指して!

昨日も書いた様に色々とトラウマのあった私です。
人間関係NGだったということは、
人の体を触るということも、この研修に行き始めてから。

でも、このトラウマ解除のタイミングでこういうことを学ばせてもらって
本当にタイミングとして一番良かった!と思っています。
たぶん、以前なら、もっと人が怖くて、触ることができなかったんじゃないかな・・・
いつまでたっても、それでは上手くならないですよね。

今、やっと人の体を自分の手を使ってしっかりと感じることができます。
体の部分による体温の違い、
筋肉のこわばり、
そんなことも自分の手でこれから日々学んでいくことになります。

まずは今週末!
手技もそうだけど、筆記試験もあるから勉強しなくちゃ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク