My Rose Garden 2019 vol.1

今年の一番花が咲き始めました!
もう散ってしまった花もある「パット・オースチン」と、
ひらひらフリルの「ル・ブラン」。

他のバラはまだまだこれから。
楽園にいたっては蕾もまだ見えず・・・
バラによって遅いコ、早いコ、今年はいろいろあるみたい。

去年の様子・・・
My Rose Garden 2018

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パット・オースチン

パット・オースチン

今年は4/30開花。
去年は4/26とありました。
毎年、このヒトが一番最初に咲いている気がする。

一つの枝先に3つ4つ固まってつぼみがつくのだけど、
今年はそれを剪定して1枝1蕾に抑えてみました。

とにかくいつも「水・・・水くれー!」と訴えるパットさん。
一番のウォータードランカーです(汗)

パット・オースチン

今年はパットしか咲いてないので、
香りをすこしだけ楽しむことができました!
これがパットの香りなのか・・・(初めて)

ル・ブラン

河本バラ園。

ル・ブラン

今、これ含めて2つくらい蕾あって、かわいい~
ル・ブラン子、乙女でかわいい!
パットが「健康美」で、ちょっとカフェオレ色の西海岸ぽい女の子なら、
ル・ブラン子は北欧の色白女子♪

次に咲きそうなの

次に咲きそうなのは、
姫乙女。
マイクロミニな蕾がたくさんついてます!

それからモーリス・ユトリロも蕾ついてるなぁ。

まだ見えないのは、楽園とサン・テグジュペリ。
ローズ・ヨコハマは本気で枯れているかも・・・
秋まで様子みて、ダメなら仕方ないかなぁ。

国際バラとガーデニングショウ

バラがほしくなったら、訪れていた最大級のバライベント
国際バラとガーデニングショウ
残念ながら昨年がラストとなったみたいです・・・

私は一昨年が最後になっちゃった。
そこで、ル・ブランと、姫乙女を購入してきました。
出品作を見て、花形・大きさ・色・香りすべてを分かった上で、
出展苗屋で、すごい時には育成家のアドバイスを聞いて、
バラを購入できるスゴイイベントだったので、残念です。

これからバラを購入するときには、
京成バラ園に咲いている時期に行くかなぁ~
パットが「強香」って書いてて、全然香らないように、
やっぱり実物見て、めっちゃ気に入って迎え入れるのが一番です。

「楽園」は第1回か第2回で京成バラ園が出展していたときに購入しました。
ユトリロとテグジュペリもデルバール社特集(多分13回の2011年)のときに購入した。

国際バラ展は全然、商業っけがなかったから、
第1回で終わっちゃったんだろうなぁ~
こっちの西武は販売色がめちゃ濃いから続くんだろうなぁ~なんて思ってた。
終わるもんだなぁ。しょんぼり。

とにかく、今、生きてるうちのバラたちを大事にしよう!
近々、別のバラが開花したら第2弾、第3弾を掲載しますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク