社会的ないきもの*再開105歩目

とりあえず、書く内容にはまずこだわらない。
そこから再開することにしたのですが、
ここに至ったのは、とあるお取引先の方とお話をしたから。

その方は京都のクリーニング屋さんで、
まめにお客様にレターを出し、
セールの案内を出し、
ブログを更新し、
とにかくお客様にリーチする頻度が多い、かつ、内容も心惹かれる内容である。
・・・という人に会って、「見習いたいな」と思った。

その人が「とにかく書くこと」と。
回数をこなしていく中で、磨けるものがある。

元々わたしは、人と対面で話すことが苦手で、
もちろん電話も苦手なので、
できるだけ文章・文字で会話するように回避してきた。

だから、まぁ、なんだ、
人よりは文章を書く機会は多かったと思う。

だからだから、もうちょっと続けて、
気分よく書き続けられるようになって、
そしたら、工夫する気が起きてくるかもしれない。

陽転思考も周囲の人にシェアしていくことを続けて、続けて、
コップからあふれるようになる瞬間が来る、と和田裕美さんの弁。

今は、再開したばかりだから、気張らずに。
あ、えーと。タイトル・・・

これはわたしに限ってかもしれないのだけど、
行動のきっかけって、人からの影響が多いんだなって思ったんです。

今回、京都のクリーニング屋さんの声かけがなかったら、
わたしはブログ再開できてなかっただろうなぁ~。

反対に人から影響を受けず、
自発的に自分の中から純粋に出てくるものを待っていても、
わたしの場合は出てこない、もしくは何万年もかかるだろうと分かりました。

人と関わるのはイヤというのは、
行動に変換していかざるを得ないから、
とにかくぐうたらなわたしは誰とも会いたくなかったのかも。

そういう自分を全否定するわけではなく、
認めたうえで、
そんな自分も気持ちよく人と関係を築いていけるよう、
少しずつ、足を踏み出しています。

具体的には人と会うのを面倒臭がらない!
↑これって、フツーの人には意味分からない言葉かも。。。

来週は30年会ってないけど、
年賀状だけは続けてきた友達と会うことに。

一時期は同じ家で寝泊りしていた彼女。
今はまったく別の場所でお互い家庭を持ち、
それぞれまったく交差しない人生を歩いています。

彼女に会ったら、
わたしの中ではまた何か化学変化が起きるんだろうか?
楽しみです☆彡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク