美学じゃ応援してもらえない*再開80歩目

雪と山茶花

わたしは、
「努力を人に見せない」ことを美学にしていて、
いくら頑張ってても、グチをこぼさないし、
何かを達成してもひけらかすこともせず、
淡々と自分で立てたハードルを通過していくことを目標にしていた。

周囲とのコミュニケーションが苦手であったことも、
そのスタイルとピッタリ合っていた。

何も言わず、黙々と作業し、
よりレベルの高いことを技術的にクリアしていくことで、
環境づくりや効率化に貢献し、
周りは知らず知らずのうちに便利になってたり、
何かが楽に完了して見えるようにしていたつもり。

だけど、そのコミュニケーション不足の上に達成していたものについて、
周囲の評価はほとんど得られていなかった。
ということを知って、愕然とした。

自分の「ほんとうに目指すもの」が見つかったので、
それをどうにかして達成したいと思う。

だけど、これは、今度こそ、
人に良いイメージをもってもらって、
協力者をたくさん作っていかなければ、達成できない。

となると、今まで通り、
「努力は見せない」にしていたら、
もしかしたら、生きてるうちに達成できないかも!!

時間は有限だ。
努力している姿を人に見せないのであれば、
結果を出しまくって、人に認めてもらうということになる。

そうそうわたしに結果なんて出せのか?
そして、失敗したら、結果だけ見られて、
評価はマイナスポイントになる。

でも、この際、自分のポリシーを変えて、
人に宣言して、ばんばん苦しむ姿も、
ポイントを通過してく姿も見てもらったらどうだろう?

人は一生懸命な人を応援したくなる。
情報を出していると、道が違いそうなときは指摘してくれ人が現れるだろう。

そして、関わった人すべてが、
ゴールにたどり着いたときに喜んでくれるだろう。
わたしはその人たちと喜びを分かち合える。

これって?
美学を捨てれば、すべてが手に入るっていうことじゃない??

わたしの通そうとしていた美学って、
ほんとうの天才肌の人がやるならいいけれど、
わたしみたいな凡人以下の人がやっても意味ないかも。

かっこいいんだけどなぁ~
あーあー。
意味なしかよ。

ということで、美学は捨てることにしました(笑)

わたし、めっちゃ不器用だし、
パワーないし、賢くもない。
だから、何かを達成するには、人の力を借りることが必要になる。

ならば、借りるために、ちゃんと思っていることを伝えて、
できれば共感してもらって、
似た目標の人たちと歩いていきたい。

使えない美学は捨てなくちゃ。
かっこいいんだけど、わたしはそれを持っているままでは、
自分の目指していることが進まなくなる。

今まで気が進まなかったけと、
ひとつずつ、ポイントを書いていくと答えが出るものだなぁ~

まだわたしにとって今日は終わっていないけど、
自分のことも納得させることができ、よい1日になった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク