事実はひとつ、考え方は・・・*再開70歩目

Tree,forest,nature and canada

今日も怒られまして、
怒ってきた相手は先日とは違う人で、
もう集中砲火のように撃たれまくっている状況です。

わたしの根性を叩きなおして差し上げましょう
という状況なので、
お相手様にとっては「だってあなたのためだから」シチュです。

お相手様に指摘されても仕方がない事実があるので、
謝るところは謝り、
同時に再発防止策を考えるのです。とうぜん。

そうしている中で、
どうも腑に落ちない部分もあり、
わたしの言葉が言い訳だとか、責任逃れだとか言われても、
「え?最終的にそこに落ち着くための布石だったのか!」と驚くこともあり。
(たぶん主役はナチュラルにわたしを思ってくれているので気付いてない)

聖人にならなくてもいい

陽転思考で「失敗してよかった」が例に良く出てきます。

「失敗してよかった」
「どうしてですか?」
「習慣化してチェック機能が落ちてたとわかったから!」

・・・みたいなキレイなパターンで例は進むのですが、
自分が100%悪いって思わなくてもいいんです!って今日新たな気付きが。
いやー、気付けてよかった。

よく「よかったパート」は聖人のようなセリフが出てきます。
それは、こんなふうな・・・

“周りの方々ありがとう!
このお馬鹿なわたくしめが間違っておりました。”

だけど、そーんな自分を卑下するセリフばかりが、
陽転思考の「よかったパート」ではないのです。

わたしの今日の「よかったパート」は、
「仕事の優先順位がつけられない状況で、自分の仕事量や種類が多いのか、わたしが本当にバカなのかわからなくなり、客観的に見れる人に相談できてよかった」
「自分でもはや判断できないことが分かってよかった」
「わたしよりももっとひどく人の責任を背負わせられている人を勇気付ける小ネタができてよかった」

もう自分のキャパ越えているんでした。
これがわたしは底抜けなバカだからか、かもしれません。
キャパが鍋の底みたいにちっさいの(笑)
でも、そうかもしれません。キャパちっさ!

そんな風にいたるまでの間には、
「もう消えてしまいたい」「明日から登社拒否したい」「いまなら死ねるかもしれない」
などと、かなりへこんだので一通りの自殺や引きこもり経路を頭はたどり、
「消えたい、消えたい・・・」と言い、泣きながら帰宅したのですよ。

それからも「わたしが100%悪いのだろうか?」「この学びはなんだろう?」と考え、
わたしにはもう判断できるレベルではないので、
他の人がわたしが悪いと思えばそうだし、
他の人がわたしが悪くないと思えばそうなんだろう、
ならばどうぞ決めて下さって構いませんし、評価がさらに下がっても文句はございません。

と、なかば諦めと開き直りが入った瞬間に、
「なんだ、これが学びだったのか・・・」とよかったパートが出てきてスッキリしました。

わたしよりもつらい状況の人に少しだけ寄り添うこともできたし。
きっと、怒られまくる以前のわたしならば、
「相手のこともわかる」みたいなことを言って、
さらに相談者を奈落の底につきおとすか、怒りの渦に沈めるかしたと思います。

が、今日は相談者のことを全面肯定して、
その人が少しだけ落ち着くのが見えました。
落ち込んだときにほしいのって、正論じゃなくて、受容だもんね。

陽転思考体験ワークショップ

わたしは最近打たれ強くて、
怒られても、ののしられても、負けないと思っているから、
相手がどんどん強くなってるのかもなぁ~と考えるのですが。

相手も寸止めが効果的って本能的に分かってるから、
わたしが沈む、すこーしだけ手前を攻めてきているぽい。

まぁ、そんなにも、打たれ強くなったのは陽転思考のおかげで。
こういうと怪しい宗教みたいに思われるのだけど、
陽転思考は考え方で、↑で出したように「よかったパートを考える」ことがメインです。
ぜんぜんスピリチュアルでもなんでもなく、リアル現実世界べったりです。

打たれ強くなりたい人、集まれー!です(笑)
40年以上もドロドロ重い面をひきずって人生してきたわたしが、
この1年でここまで変われたのはすごいですよ!
人から「強いね」って言われるって!!死にかけだった人が!!

今日もこんなわたしの告知をしておきますね~
良かったら会いに来てください♪

ストアカでも、こちらから直申込でもOKです♪


ストアカ

倉田 みどり

和田式 陽転思考ワークショップ

日時:1/27(日)10時~12時
場所:JR水道橋周辺
料金:500円

内容:「陽転思考」を新年らしく「よかったカルタ」やワークショップで学ぼう!

進行役:和田式陽転エデュケーター5期 倉田みどり
両親からの育児放棄やいじめられた経験から、対人恐怖、ウツ、自殺傾向があり、引きこもりだった。家族を養うために社会復帰し働くが、日々、対人関係に不安がありネガティブ思考で毎日憂鬱。
2017年の暮れに仕事上の理由から「陽転エデュケーター」となることを決断。
モノゴトを良い面からとらえられるようになり、毎日の生活に笑いが常にあるように変化。
また、新しいことにも、失敗を恐れず挑戦できるようになりました♪
2018年、会社で「もっと学ばせたい人」に選ばれ、100万円前後のセミナー代を出してもらう予定。


※参加希望の方には《開催のお知らせ》をメールいたします

陽転エデュケータースクール6期

今日、和田さんのメルマガのスタッフ後記で「まさに!」と思いました。

陽転エデュケータースクール第6期、
そろそろ締切間近です。
仕事や私生活で心が折れそうになったり、
立ち行かなくなってしまったり、
そんなとき陽転思考は
あなたの助けになってくれます。
あなたが陽転思考を伝えられるほど
理解していれば、家族や周りの大切な人を
陽転思考によって、サポートすることが
できるのです。
残席わずか!お急ぎください。
☆陽転エデュケータースクール第6期
http://special.wadahiromi.com/youteneducator/

わたしはまだまだサポートできているかナゾですが、
自分の助けにはなってます。
じゃないと生きてないよ、何回死んでるか・・・
ほんと、最近、文春砲じゃないけど、強力すぎて身がいつまでもつか・・・状態です(汗)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク