継続のコツ*再開42歩目

つどいの街

月1のzoomミーティング

今夜は陽転思考エデュケーター仲間との月に一回のミーティング。
もちろん直で会うってできないので
(だって関西や北関東や中部にもちらばってる)
zoomというネットミーティングで会っている。

zoomはskypeみたいなもので、
それよりも安定している、とみんなが乗り換えてるみたい。
zoomがあれば、時間さえ決めておけば、ネット経由でみんなの顔が見れる。
もちろん話もできる。

ミーティングは月に1回。
出れる人も出れない人もいるし、
わたしも出れる月も出れない月もある。

けれども、いつも誰かがいるから、
ちゃんと継続はされていく。
そして、継続されているから、
都合が合えば、参加できて、
必ずみんなと話ができる。

継続のコツ

ミーティングだから、
一人で継続はできないけれども、
何かを継続していくには仲間がいるほうが楽に続けられる。

もちろん、
陽転思考だってそう。

一人でやるよりも、
「陽転思考でこんないいことあった!」
「こんなふうに陽転思考を周りに伝えたよ!」
なんて仲間とシェアできる場があれば、
自分のモチベーションを高めることができる。

そうは言っても、仲間がいない!

そんな人でも大丈夫!
あなたを応援してくれる人がいれば、
その人は一緒に何かをしなくても大丈夫!

スタンプだけで応援してもらう

わたしが継続していること2つあって。

  • ランニング
  • ラジオ英会話

「ラジオ英会話」は
韓国にすむ友達と「英語を勉強した日にはスタンプ入れあおう!」と決めて、
わたしは「ラジオ英会話」を聞いた日にLINEでスタンプ入れてる。
友達は「基礎英語2」を聞いた人にLINEでスタンプくれてる。

お互いが「よくやったね!」なんて褒めあわない。
もちろん反対に相手がやってない場合も責めない。

ただ自分がやった日にスタンプを入れて、
友達も自分がやった日にスタンプ入れるだけ。
必要がなければそれ以上、言葉のやり取りはない。

それでも、気になる表現があったり、
日常で英語以外の気になることはスタンプではなく、
LINEでいろいろ話し合う。

飽きっぽいわたしが続いているのは、
彼女と一緒にやってる感があるからだと思う。

ランニング

ランニングにいたっては、
応援してくれているのは親友で、
彼女はランニングもスポーツもやっていない。
ただただわたしを応援してくれてるだけだ。

走った日にこちらも同じくLINEスタンプを入れる。
そうすると、彼女から返事のようなLINEスタンプが届く。
彼女は何もしていないので、
純粋にわたしのランニングを応援してくれているだけ。

そしてこちらもスタンプ以外の会話は、
必要がなければ行なっていない。
それでもわたしは彼女と繋がってる感があるし、
応援してもらえてなかったら、走り続けてないだろうなぁ~と思う。

一緒にやる仲間、または、応援してくれる人

継続することは、
やっぱり難しい。

だって、どんなことも今までしていなかった習慣をつける、ということだ。
今までの習慣で、身につく前に戻ったりもするかもしれない。
だから継続が必要。

人間なんて、
もともと怠け者体質。

いろいろと自分でいいように理由を考え、逃げる。
だからこそ、逃げないように、自分で仲間を作るか、応援してくれる人を見つける。

新しい挑戦に際して

これからわたしは、
ますます挑戦していく道に進む。
もう応援してくれる人は見つけてる。
それは会社の仲間たち。

わたしが成長することによって、
会社も成長できる。

反対をいえば、
わたしが成長をこばむことによって、
会社の成長も妨げる。

これは、スタッフひとりひとりがしっかりと心に留めておくこと。
変化が激しい今だから、
今までのことが通用しなくなる瞬間があっという間に来る。
それに備えて、自分の資質を磨く時期なのだ。

と、話していたら、
元日本代表サッカー選手の三浦淳寛選手からサインもらえた!
こういうすごい人から名前を書いてもらえるなんて、
きっと応援されてる力が強いってこと。
嬉しい、がんばろうって思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク