お伊勢参り*再開37歩目

快速みえで伊勢へ

伊勢

セミナーが終わり、
夕方の「快速みえ」で伊勢へ。
快速みえは、ちょっぴりローカルな快速でかわいいです!

今回のツアーの目玉・伊勢。
何年も前に一度訪れたことがあり、今回で2回目。
一年の間に熊野と伊勢、両方いけるなんて!
かなり和田裕美さんには感謝です。
こういうのないと、行けないもの!

伊勢神宮・外宮(げくう)

下宮わたし、内宮よりも断然、外宮の方がすきなんです。
なんだか雰囲気がほんわか~してて。
げくう、という響きから、男性っぽいイメージ受けるのだけど、
実際には超女性的な神社。

外宮

前回は式年遷宮前だったので、
やっぱり「なんか位置が違う、なんか雰囲気ちがう」
という気もしました。

外宮のなかをめぐる

敷地内には神社が数箇所あって、
回れるだけ回ってみようと思い、
ひとつずつ回りました。

授与品の違い

じつは(写真撮ってないけど)内宮と外宮、
売っているお守りは一部は同じだけど、
一部は違う。

だから、どちらかの宮でピン!と来るお守りあったら、
ぜひそこで購入してください!

あとで内宮いくから、そのときに!と思って、外宮を後にすると、
わたしみたいに10年以上心残りになるかもしれません。

外宮の授与品
わたしがどうしても忘れられなかったのは、
開運鈴守
外宮にある「まがたま池」の形。
とってもかわいい!

内宮の授与品

月夜見宮

月夜見宮

月夜見宮と月読宮、
どうして同じようなものが2コあるの?
前回は良く分からず、お参りしていたのですが、
今回予想を立ててみました。

内宮と外宮の関係のように、
内宮を陽とした場合の陰が月読宮、
外宮を陽とした場合の陰が月夜見宮では?

おおむね、そういうことで当たっているような気がしました。
今回お参りできたのは、月夜見宮

ほかにも猿田彦神社や、もちろん月読宮も行きたかったけど、
時間がなかったー!
ちょっと誤算が生じたのは内宮での行事があったからでした。

神嘗祭(かんなめさい)

神嘗祭(かんなめさい)

内宮に訪れたとき、
神主さんみたいな人たちがぞろぞろ・・・
そして行なわれる入場規制に、移動規制。

真ん中の道が大きく開かれ・・・

神嘗祭(かんなめさい)

11代目伊勢神宮祭主・黒田清子さんが!
脇の列で「ほぉお~」と見守りました。

こんな皇族もかかわるお祭りに遭遇したのははじめて。
ドキドキしました。

御垣内(みかきうち)参拝

参拝受付

情報が少ない中、
どうしても行ないたかったのは「御垣内参拝」

せっかく伊勢神宮にいくのであれば、
自分の努力できる範囲で近くまで行きたい!

ということで、
次の式年遷宮への寄付をして、
ちょっとだけ近くでお参りさせていただきました。

背筋のびるわ~
このためにスーツ着てきたわ、東京から。

やっぱり内宮はピリッとした空気が流れます。
また神宮とかとも違う空気。

お祭りの日の混雑

神嘗祭(かんなめさい)で規制があったからか、
めちゃ混みな内宮!

前回、早朝に行ったのは雰囲気よかったなぁ。
今度はまた「神宮会館」に泊まって、
早朝から内宮に行きたいな♪

赤福のぜんざい♪

赤福のぜんざい

〆はコレ!
(虎屋ういろも買って帰ったけど)
赤福本店でしか食べられない、寒い時期限定のぜんざい!

ほんとうにおいしかった~
満足しました!
限定期間でよかった。

今度はカキ氷、たべたいな。

それと、今度は別宮は全部回りたい!
車で行くような場所も。
ほんとうにそういう所の雰囲気がよくて、気持ちが入れ替わる気がするのです。
次に行くときの楽しみにとっておきます!

一緒に回ってくれた(名古屋、伊勢)
陽転エデュケーターたち、どうもありがとうございました♪
また一緒に旅したいね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク