稼げる技術 女性のための「カセギスキル」*再開25歩目

稼げる技術

稼げる技術(和田裕美著)」を読んだ。
最近はずっと本といえば、ゲームの攻略本か、蜜蜂と遠雷なので、
ビジネス本を読むのは、ちょっぴり久々。

和田さんの気持ち

こんな人に届けたい!!ということが添えられていました。

  • ずっと主婦をしててブランクがある
  • 経験、スキルがない
  • 仕事する自信がない
  • なかなか正社員になれない

→いろいろあるけど、でも、稼ぎたい!!
『人生100年時代における、どんな人でもできる超シンプルな稼ぎ方』

超人気高額セミナー「カセギスキル」ぎゅっと凝縮版!

この本は、超人気かつ超高額(和田セミナーの中で最高額!)セミナー
「カセギスキル」をぎゆっと本に凝縮したもの。

「カセギスキル」すごいんです。
友人からちょっとした内容シェアしてもらって、
「ふーん」と思ってはいたものの、
何よりも友人そのものの変化を見てると、
「こりゃすごい!」と体感しました。

内容よりも、
実際に身につけていく受講生たちの変化がすごいの!

もちろん、そこで同期だった人とはいい繋がりができるため、
本もいいけど、実際のセミナーはもっといいですよ!

来年行けないかなぁ~と妄想中(ムフフ、手帳に書かねば!)

とにかく読みやすい!

特に【女性】に特化しているため、読みやすかったです。
ちりばめられたイラストがかわいいの!
和田さんのイラスト、似てる!

それも、髪を切った最近の和田さんイラストです。
以前より短めのボブ。
受講生のイラストもかわいいです!

文章は大事な部分は太字になってるし、
各章ごとの「まとめ」もつけてくれてる。
分かりやすく説明するために図も使用。
言葉遣いも優しい。

届けたい先の人を想像して作られた本なんだな、
ってよく分かります。

私は今仕事があるけれども、
転職する気になればめちゃ役立てるし、
転職しない今の会社で働くときにも役に立つ生き方満載!

では、少しだけ中身ご紹介~♪

「好かれるスキル」を上げる6つの方法

1. 「ありがとう」で返事する
たとえば「ランチいきます?」と声をかけられたら、「あ、はい」ではなく、「ありがとうございます!ぜひ」に、変換します。

好感度あがる!
これ一つの変換なのに。

どちらも同じ「yes」の意味。
一呼吸おいて、賢くなろう!
クセになれば、即答でこれが出せるようになるんだろうな。

2. ネガティブな反応をしたくなったら、トイレに駆け込む
イライラをわかってもらおうと、表情や態度、ため息などの無言アピールもNGです。

あっ(汗)
かなりやってた!
そうかー、正直でいることって、自分で損してたんだなぁ。。。
大事だと思ってたんだけど、ビジネスの場では違うんだ、とやっと気付いたお馬鹿さんです。

3. あいさつは先手必勝で
たとえ相手が年下でも新人でも、あなたから声をかけるようにしてください。
あいさつ待ちのストレスがなくなります。これは大きいです。

そうそう!
例えば、私、先週から改札に立つ駅員さんにも挨拶するようにしたんです。
自分から。

彼は改札を通る人ほとんどに「おはようございます」と言ってくれてましたが、
気のせいか私には挨拶してくれなかったんです。
それが気になって、「いつ彼は挨拶をしてくれるんだろう?」と思ってましたが、

なんのことはない!
自分からすれば、相手もしてくれる、という当たり前のことに気付き、
やってみたら、フツーに挨拶を返してくれるように。

「今朝は挨拶してくれるのか?」
「がっくり」
なーんて心のザワザワが一つ減りました。
勇気を出すこと!
明日は高校のバスを誘導してるおじいさんに挨拶するぞ!

4. 「1日3ほめ」を習慣にする
セールス時代、数字でまけたとき、くやしくて素直に「おめでとう」がいえないときがあったんです。
でも、「相手の『うれしい結果』をほめると、同じこと、もしくはそれ以上のことが自分に起こるよ!」といわれました。

分かる!
私も「くやしい、わんわん泣きたいほど、会社をやめたいほど」のときがありました。
その時もぐっとこらえて「おめでとう」と言いました。
ほんとうにくやしかった。

いま思えば、フツーに暮らしてれば、そんなにくやしい経験しないわな、と。
だから、いい経験になりました。
私はくやしい人の気持ちがとっても良く分かる!

5. 「幸せワード」を口にする

「最悪!」「ええ~めんどくさい」「まずい」「あ~あ」
なんていうマイナスワードはいわないこと。

あ!!
あ!!

マイナスワードだらけ。
明日から気をつけよう。

6. 「何かお手伝いすることありますか?」を口ぐせにする
「わたしの仕事は終わったので帰ります」というのは、子育て中などであれば、仕方のないときもあります。
けれど、この気持ちがあれば「すみません、お手伝いできないまま、今日はお先に失礼しますが、明日、もし手伝えることあればいってください」
この一言がいえるかどうかで、全然違ってきます。

今、心がけて実践していること。
自分が忙しくても、
周囲の人に『大丈夫?大変なら手伝うよ!』と言うこと。

人と協力することを全く考えない過去の私は、
自分のノルマだけこなせば早く帰れる→帰れない人は能力が低い
と、バッサリ切り捨て、いつもとっとと帰ってました。

そんな思いやりや協力感のなさが、
自分で自分の居場所を狭くして、
結局は退職を進める一歩になったと思います。

今でも相変わらず人と協力することは苦手だけど、
それでも、
うちの会社は主婦ばかりなので、
協力しないと一人前の仕事ができなかったりします。

一人きりでできる仕事は限りがあるから。
苦手な「協力する」ということに挑戦しはじめています!

稼げる技術

まずは動く。動けば稼げる。
やり方を次の2つから選ぶ

  1. パートで働く
  2. セールスの仕事をする

前回、転職しようと探していたときに、
「営業の仕事なら山ほど転がっているのに・・・」と思ったし、
たぶん、パートの仕事も年齢制限を考えると多いと思いました。

本に書かれている通り、
正社員で入社できる年齢には上限がある。
そもそも書類で落ちる類です。

だから、パート+営業、という分野で入って、
そこからプライドを捨てて、
いかに現場に役立つ人になるか頑張りを見せ、
そこから正社員として登用されればいい!と。

目からウロコでした!
次は勇気を出してそうしよう!
会社の中でも、営業に転換される可能性だってあるから、
その時には勇気をもって、転換を受け入れようっと♪

役立つ(生かせる)QAがたくさん!

第5章のQ/Aは、
けっこう悩みにピタッと来るのではないかな?

面接での服装や第一印象を作る方法、
働くことに旦那さんが反対するときの対策など。

動くことに不安が・・・という人に
読んでもらって、
先入観を捨てて、そのまま真似してほしい!
私もその立場になったら、まねしよっと!

おわりに-②涙は見せずに「はったり」をかける!

何よりも正直が一番、と思っていた私が
現在一生懸命努力していることは
「ウソをつくこと」

自分の感情なんて横においておいて、
にっこりと「お疲れ様でした」といえば、
結局は相手が気分をよくして、
営業成績があがる、かもしれない!

反対に暗くぼそっと「お疲れ様でした」といえば、
職場の雰囲気は悪くなり、
自分の周りから人がだんだんいなくなるかもしれない。

同じ「お疲れ様でした」なのに。
もしかしたら同じ心なのに。

ならば、「はったり」ですよね!
「くやしい」「この人キライ」「こっちは忙しいのに!」とかなんとか全て押し込んで、
にこやかに「お疲れ様でした」!

そして、できそうにないことも、
「はい、やつてみます!」と一旦引き受けてみる。
失敗してもいいし、途中で上司に相談してもいい。
とにかく断らないこと(営業さんにとっても鉄則ですよね)が大事。

稼げる技術

もっと多くの主婦が働けますように!

私はそもそも、
旦那さんが働けなくなり、
毎月の住宅ローンが払えなくなるから強制的に働き始めました。

それでも、今、働いてて良かったと思います。
それは自分が成長した、と実感しているから。

ほぼゲームで1日を過ごす、半ばゲーム依存症気味の主婦でした。
人と喋ることは殆どなくなり、
同時に人と喋ることが怖くなって、苦手になりました。

そんな私が会社に行き始め、
強制的に人と喋ることになり、
電話をかけることにも慣れ(本当に電話するのが大嫌いでした!)
近所の人とも挨拶だけでなく、世間話までできるようになりました(以前は怖くて隠れてた)

まだまだだけど、
人と喋ることが以前よりも格段に上達した!と思えます。
それもこれも、どうしようもなく働き始めたからです。

私みたいに切羽詰って社会復帰しなくてもいいけど、
仕事を再開することで、
人間的にも成長できるし、
家計も楽になります、
自分で決めて使えるお金も増えます、
それで楽しいと思えることにお金と時間を投資できるようになります。

だから、こういう本を読んで、
「あっ!」と思ったら、
自分の限界範囲まで挑戦してみてください!
きっと道が開けます、新しくてワクワクするような道。

今までに通ったことのない道、
まだまだ世界にはたくさんあります。
長生きの時代、自分で人生の幅を狭くしているなんてもったいないのです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク