高額体験ができてよかった!*再開24歩目

秋のすすき

今日、自分の中ではちょっとした事件がありました。

あるエステ体験に行ってきたのです!
自分の興味あるエステだったので、一度行って見たいなぁ~と思って。
ちょうど詳しい友人が同行してくれることになったので、
いい機会だから、と行ってきました。

エステで、気になる最新マシンがあって、
「体験してみたいです~」「いいですよ~ちょうど予約のスキマあります!」
と、話しはとんとん拍子に進んで。

体験自体はとてもよく、
今まで感じたことのない感覚とか、
ビフォー・アフターがばっちり分かる結果が出たこととか、
満足いくものでした。

帰りのお会計のときに
行く前に聞いていた料金8,500円を支払おうと、
一万円を財布から取り出そうとしたところ・・・
14,580円が会計での表示!

えっ?!
えっ?!

頭まっしろになりそうになりました。
そもそも財布にそんなに入ってない。
カード使えますか?って、カード払いに切り替えです。

よーく見ると、
快諾されたから、料金に含まれていると思ったものが、
すべてオプション料金で加算されていました!

がーん。

マイナス方向に振れる

思ってた額の倍近くを払うことになり、
よろよろ・・・
早く帰りたいなぁ~と。

色々とマイナス思考が始まります。

  • いいカモにされたの?
  • あのお金があったら・・・
  • エステにそんな大金使うなんて
  • 体験しちゃったから、戻ってこないー
  • 金額聞かない私がバカだったけど、どうして言ってくれなかったんだろう?
  • 明日から超倹約生活だー、つまんないー。
  • もうやだ、帰って引きこもりたい
  • 会社行きたくない・・・

どんどんマイナスがマイナスを呼び、
食欲もなく、
せっかくの休日最後にどーんより。

陽転思考するよー!

なんとか家に帰って
「あ、こういう時に陽転思考だ。このままじゃヤバイな」と。

私は、エステ自体はとてもよかったので、
こんな風に悪い記憶になるのがイヤでした。
だから、陽転しよう♪

よかった!

値段を知っていたら、体験できなかった。

高額だったから、
それを知っていたら体験しなかった、絶対に。
だから、私の貴重な体験の一つとしてエステが追加されてよかった!

よかった!

これから稼ごうと思えた。

そうだそうだ。
出て行くものが多ければ、稼げばいいんじゃん!
今手がけているものを、頑張ろう!

よかった!

Apple Watch買う前だった!

今、Fitbit持っているんですが、
AppleWatch買おうとモデルも決定していたんです。
ただ、商品が売り切れていたので、カートに入れてなかったの。
入荷次第買おうと思ってました・・・
Fitbit壊れたわけじゃないから、このままでいいや!

よかった!

お金のことを考えず、ゆったりした気分で体験できた。

仮に受ける、となったときも、
値段のことを知っていたら、
受けながら「あー、やっぱり無駄だったかなー」
と後悔しながら受けてたと思うんです。
思い切りが悪いから。
そんなエステ、効果半減でしょ!

よかった!

お金が追加でかかる部分は先に話す、という接客業の基本が分かった。

ついつい、お客さんが盛り上がっていると、
料金のこと伝えにくくてそのまま施術に持ち込んじゃうかも。
基本がわかってよかった。
お客さんをイヤな気分で帰らせたくないから。

よかった!

友人が最後まで付き合ってくれた。

オプションを受けたので、
思っていた時間の2倍以上、友人をつき合わせてしまいました。
イヤな顔せずに付き合ってくれた彼女に感謝!!

よかった!

次から購入前に価格を確認しよう。

さっきのがお客様に対する基本だとすれば、
これはお客であることの基本。
向こうが言わないから悪い、じゃなくて、
私が聞けばよかったのです。

なんかスッキリ!

これだけ理由が出れば、
なんかスッキリしました!

そうだそうだ、
他のことでもっと無駄遣いをしているところがあった。
あれに比べればよかった~とかも。
それは断れなかった自分の弱さだけど。

結果的に今日はエステ効果バツグン、安眠もできそう。
以前の私ならば、これでかるーく24時間はもったと思う。
暗くなっちゃって~

陽転思考を始めたら、
切り替えが早くなって、
次の行動に移れるようになりました!

悩んでても、事態はかわらない。
「事実はひとつ、考え方はふたつ」なので。

購入してしまった事実は変わらないのです。
だから、ここから学びを得て、次に同じ失敗をせず、
別のことにこの経験を生かせればサイコーじゃないですか!

私は生きてるから稼ぐことができるし!
また明日から平日、楽しもう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク