わかぼん、歯医者へ行く*再開23歩目

ハブラシ

予約を取ってみる。

もぅ、1年くらい前から「歯医者行こう!」と思ってたのでした。
どうしてこんなにのびのびーになったのかと言えば、

  • いきつけの歯医者が平日早く閉まる
  • その歯医者の土曜予約が取りにくく、私も土曜は予定が多い
  • その歯医者は日曜は休み
  • 担当医から教えてもらった歯間ブラシをさぼりつづけてる

ということで、
行きたいけど、ずっと行けない状態でした。

一ヶ月前にようやく
「もうだめ、絶対に行かなくちゃ!」
と、意を決して電話。

ガーン・・・

すると・・・
担当の先生が転院になってしまい、
近所の歯医者にはいない、と。

もちろん他の先生はいますから、
「その先生の予約で大丈夫ですか?」

「あ・・・では結構です。」と断ってしまいました。
私、担当医を気に入っていたのです。

初回のときに、私の歯のことを一つ一つ教えてくれて
(すべて意志決定を歯医者任せにしていたため、何も覚えてない)
その歯並びにあった歯の手入れ方法を教えてもらいました。

若い先生だから、
あまり既成概念にとらわれず、
新しい知識も毎回教えてくれるような人でした。

で、代わりの先生といえば、
彼の父親。
ご年配な雰囲気漂う方です。
私はちょっと遠慮させてもらおう、と思いました。

別の歯医者で予約

もう二つ、近い歯医者があって。
そのうち一つは家族が通ったことがあるので聞いてみました。

「特段よくもなく、わるくもない歯医者」

と言う回答が。
それならば、もう一つの方に賭けてみよう!と思いました。

残る一つの歯医者はスーパーの中にあり、
調べてみると土日やってるし、
平日も遅くまでやっているようです。

まずは土日で聞いてみよう!
と、木曜に電話してみたら、
土曜の16:30~空いているとのこと。

やった!それでいいよ~!

新しい歯医者に行ってみる

歯医者も「病院」のイメージあるので、
とりあえず、余白時間を楽しめるものをたくさん持って歯医者へ。

新規さんの問診を書いて、
渡したらスグに名前を呼ばれて、
「あらー、持ってきたもの、何も消化できずお持ち帰りだわ。」

先生が4人常時いて、
席も満席状態。
前回の歯医者が個人歯医者だったから、
(父親先生はほぼリタイアで、予約少なかった。なのでいつも担当医一人のみ。)
他の席からずーっと【歯医者の音】がする中、
自分の診察を待つのは結構恐怖でした(汗)

2年ぶりの歯科検診

今回行ったのは、定期健診をさぼっていたから。
歯石除去と、虫歯、歯ぐきチェックで。
ただ、マラソン走ると数日間歯が痛いのは少し不安でした。

まずは、虫歯と治療跡チェック。
次に全体のX線。
そして、画像があがるまでの間に、歯茎チェック。
画像による虫歯などチェック。

検診結果は

結果は「虫歯なし、歯槽膿漏なし!」

やったー!!

ただ、かぶせものに少しヒビが入っているものがあり、
その割れ目をきちんとケアしていったほうが良いこと(虫歯などに注意!)

詰め物が茶色く変色している部分があるので、
気になるのであれば、やり直すことができること。
→今回は不要です。とお断り。

ラスト一本残っている乳歯(!)が、
隣と重なりがあり、磨き残しが多い様子なこと。

これからも、歯磨きは1日3回して、
できれば、週に1回くらいは歯間ブラシを使おう!
(毎日は、やっぱり無理)

口腔ケアの新常識?

介護のときの先生から聞いたのだけど、
シニアの口腔ケアの話をしていて、
「実は食前に磨くほうがいいっていう説もある!」と。

朝磨いて、昼ごはん食べるまでに口の中は菌だらけ!
だから、食べる前に歯を磨いて、
菌を食べないようにするのがいいって説もあるんだって。

一時期、それを実践しようとしてみたんだけど、
どーしても、昼ごはんっておなかすいた状態で食べるので、
昼ごはん食べた後で
「あ、食前に歯を磨くの忘れてた・・・」となり。

それが何度も続くと、
もはや諦めの境地になり、
「もういい、食後でいい」と、
食後タイミングでの歯磨きが決定的となりました。

それでも介護の学校に行くまでは、
昼には歯磨きする習慣がなかったから、
食後タイミングになっても、磨かないよりはマシだ!と、
一人で納得しています。

今度は定期的に行こう!

新しい病院の先生は、私にとって人生初の女性歯科医。
話しやすくてよかったかもしれない!
次は半年~1年後の間に行こう。
半年じゃあ、ちょっと早い気がするんだよなぁ。

人生の後半に差し掛かる私くらいの年代では、
そろそろ歯の状態によって、
自分の歯を失い、部分入れ歯の話しをよく聞きます。

できる限り、自分の歯で最後近くまでいけたらいいなぁ~
ホワイトニングも素敵だけど、
基本的な虫歯や歯槽膿漏がないってことも大事ですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク