小江戸川越ハーフマラソン*再開17歩目

小江戸川越ハーフマラソン

友人と走る前に

今日はコレしかない!
小江戸川越ハーフマラソン

昨日、ディサービスのスタッフさんの送別会も1時間程度で引き上げて、
今日のハーフマラソンに備えました!
送別会だから、やっぱり顔は出しておきたくて。

今朝は4時起き。
だって遠いんだもん、川越!

どうして川越?

どうして川越走ることになったのかというと、
写真に一緒に写っている彼は、介護の初任者研修を取ったときの仲間。

20人くらいのクラスで、走っていたのは、私と彼とあともう一人。
彼も私も本職が介護職ではないので、
このままだとつながりが切れてしまうだろうなぁ~と思って、
「一緒に走ってもいいですか?」とお願いしました。

快諾してくれ、
「蔵がキレイな川越か、所沢も近いからエントリーするよ」と言われ、
知らないところ走るなら、景色がいいほうがいいな、と思って川越に。

エントリー時期は絶賛、百日咳中だったけど、
治るだろ、と甘い気持ちでした(汗)
結局、なかなか治らず、練習できないことでじりじり焦るのだけど・・・

この1ヶ月の練習

4ヶ月間、まったく走らなかった。

あ、一度だけ、風邪かどうか見極めるために走ったんだよね。
で、風邪なら、1回走り込むと治ったりするんだけど、
まったく治らず、ひどいまま、だったので、
「これは風邪じゃないな」と自分では思ってた。

だけど、ほぼほぼ4ヶ月走らなかった。
ハーフにこれで出るのは不安で。

病気の前ならば、
特別な練習しなくても、普段走ってるから、
「いつでもハーフくらいなら、走れるよ」
ってカンジなんだけど、
百日咳のとき、そもそも家から殆どでなかったので、
歩く筋肉すら落ちてたの。
だから、この状態でハーフ走るのはすごーく不安でした。

一ヶ月前からできれば土日+平日1回の3回走ることを目指し、
その中で2回はロング20km前後で。
それでようやく「大丈夫かも・・・タイムは狙えないだろうけど」と安心しました。

大会の様子

無料送迎バス

7:15に川越到着。
本川越と川越から無料送迎バスが出ているので、それを目指して。

駅に到着して、5分くらいバス停まで歩く。
歩いて着いたところには、長蛇の列!
送迎バスに乗れたのは、7:40。

7:50ごろに会場近くに着き、そこから歩き。
またまた15分くらい歩いて、やっと友人と合流!
送迎はありがたいけど、とにかく歩かされるんだなぁ~(汗)

今回の大会自体は1万人規模大会。
ハーフ以外に10kmやFunRunもある。
で、ハーフは6千人規模。

完走した人だと女性は1千人程度。
やっぱ女性は少ないなぁ~

今までハーフは4回目だけど、
今回のが一番規模大きいかも!

なんとかできたー!

結果

友人が2時間切りを目指していたので、
ペースメーカーにしようと思っていたら、
早々に追いつけなくなり断念。

ペースメーカー不在で、
nike runningアプリのkmあたり時間を参考にしながら走る。
18kmぐらいのときに時計を見たら、もうすぐ2時間!だったので、
2時間切りは無理かなー、残念。

いつもそうだけど、
走り始めると欲張っちゃうのよね。
大会前は「完走目標!」なんて言ってたのに。

最後の2kmぐらいで頑張ってスパートかけてみたけど、
それでも周囲も同じくらいの速さの人ばかりで、
全然抜けなかったー。

でも、最後のスパートのおかげで、
前回の自己ベストより1分縮まりました!
あと6分半・・・1km分くらい縮めるのはむずかしいなぁ~
ま、これから体調も安定するだろうから、次回目標で!

参加賞など

参加賞

完走しなくてももらえる参加賞。
大きめのタオルと(バスタオルほどではない)
ネックウォーマー。

ネックウォーマー、一番寒いときに使えるかな?
暑がりなので、意外と冬も薄着です。
今日も最初5kmまではアームカバーつけてたけど、
そこから外して半袖だったし。(腕、やけた)

大会記念シャツ

ミズノブースで売っていた大会記念Tシャツ。
2時間切ってたら、タイム入れてもらう4千円のにしようかと思ったけど、
今回は切ってないので、フツーの2千円シャツ。

友人と友人の親戚たちと帰りにご飯食べながら、
来年の約束もしたので
(以前は10人くらいで出ていたのに、最近は2人っきりで寂しかったらしい)
来年はこれを着て走る予定!
そして2時間切れるといいなぁ~

足を交互に出せば

意外に私は速いらしく(嬉しい!)
学生のときのこととか聞かれますが、
「5kmマラソン大嫌いで、仮病で必ず休むタイプ。そして帰宅部」でした(笑)

だけど、ぶくぶく太りやすいんですよね~
作家の村上春樹さんの動機もそうだったような。

お金ないから、走ることにしました。
自宅の周囲を走るならタダだし、時間制約もなく、一人で走れるからスケジュールの縛りなし。

だから、最初は続けざまに膝を痛めたよ。
加減が分からないから。
どのくらいの速度がいいペースか、
どのくらいの頻度がいいペースか、全く分からず、オーバーペース気味だった。

でも、故障して、動けなくなるというのを2回もやってみると、
「これ以上速度出したら、膝やるな」って分かるし、
徐々に距離伸ばしていくと、膝に負担かからない筋肉つくなって分かった。

だから、まずは皇居2周(10km)の簡易レースに出たのが最初。
その次はハーフ、
それから今年の春にようやくフルマラソンに出ました。

とにかくそもそもが不器用で、運動神経なし。
だけどね、走るのって、
とにかく足を交互に出してればなんとかなる!

ノー技術でOKなんです♪
誰かと競うわけではないので、人に気を取られることもなく、
走っているときは軽く集中できる状況です。

ゆるゆると始めれば、
走るのは何歳でも始められるよ。
最初に飛ばすと故障するから、そこだけ気をつけて、ゆるゆると。

フルマラソン4時間切りもしたいけど、
まずはハーフ2時間切りかな。

ハーフとフル

頭悪いから、単純計算でフルは2倍かかる、と思ってたら、
フツーはそんな風に走れないってさ。

私の前回フルは4時間35分くらい。
今回のハーフの2倍+20分くらい。
これって速いらしい。
もっともっとペース落ちるんだって。

今まで人と比べたことないし、
標準、みたいなものを殆ど知らないから、
「うーん、4時間20分切れなかったの、失敗!」と思ってたんだけど。

フル、今度はニューヨーク行きたいな!
来年は無理かもしれないけど、(お金の問題)
再来年あたりには。
体力落ちる前に是非!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク