よこはま薔薇さんぽ*再開15歩目

横浜ショートトリップ

横浜みなとみらい万葉倶楽部」さんからお得なチケットをいただいて、
初めて万葉倶楽部を訪れるついでに、
身近な横浜で「ちょっぴり観光らしいことしよ!」と思って。

ことりっぷ買って、しげしげと眺めてたら、
「あ、私、山手の方、回ったことないわ!」って気づいた。

元町、中華街、みなとみらい、山下公園
そんな方面はいっぱい行ってるのに、
今まで一度も行ったことなかった山手。

今回の目的は「洋館めぐり~海の見える丘公園」。
中華街で軽く食事して、「横浜みなとみらい万葉倶楽部」へ。

違う目的の旅が始まる・・・

洋館、行きました。
桜木町から坂を上って。

で、洋館の中を見て「ふむふむ」となったんだけど。
庭に出たら、新しい目的見つけちゃって!

もうシーズン終わってて、
全然期待してなかった薔薇。
まだちらほら残ってたんです!

で、いちいち靴脱ぐ洋館内めぐりが面倒で、
あちこちに咲く薔薇さんぽに目的変更♪

ザ・マッカートニー・ローズ

ザ・マッカートニー・ローズ

作出国:フランス
作出社:メイアン
作出年:1991年
外交官の家

もしかして?
と思ったら、やっぱり元ビートルズのポール由来の名前らしいです。
サイトで出てくる色と違う色合いだなぁ~不思議・・・

アルブレヒト・デューラー・ローズ

アルブレヒト デューラー ローズ

作出国:ドイツ
作出社:タンタウ
作出年:2002年
外交官の家

ルネサンス期のドイツ絵画の巨匠、アルブレヒト・デューラーに捧げられたバラ。
私の好きなオレンジ系のバラ!

グレーテル

グレーテル

作出国: ドイツ
作出社: コルデス
作出年: 2014 年
外交官の家

色変わりがかわいかったバラ。
全然そうみえなかったけど、フロリバンダらしい。あれ?

オレンジ・マザーズディ

オレンジ・マザーズディ

作出国: ドイツ
作出社: タンタウ
作出年: 1959 年
外交官の家

ポリアンサ系。
私の好きなマザーズディシリーズ。花型とトゲが少ないところがスキ!
小さく育てられるなら、育ててみたいなぁ~
オランダ?ドイツ?どちらかみたいです。意外にクラシック。

わかんないこ

山手のプラフ積み

ここにあった薔薇はネームプレートがなく、どのこも不明ちゃん。
でもキレイだったなぁ!

ブラッシング・ノックアウト

ブラッシング・ノックアウト

作出国:フランス
作出社:メイアン
作出年:2004年
港の見える丘公園・イングリッシュローズガーデン

ふわっと開くかわいい花弁。
平咲きで可憐。
つぼみのときも格別にかわいい!

ゲーテ・ローズ

ゲーテ・ローズ

ゲーテ・ローズ

作出国: ドイツ
作出社: タンタウ
作出年: 2011 年
港の見える丘公園・イングリッシュローズガーデン

どちらかというと上の写真の方が本物に近い色。
ドイツの文豪ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテに捧げられたバラ。
色具合が下の画像ではなく、上のようなこっくりした深いピンクなので、ちょっと欲しいかも!
強香だった気がするし・・・
(あれもこれもクンクンしすぎて、どれが強香だったか忘れてる)

ブノワ・マジメル

ブノワ・マジメル

作出国: 日本
作出: 岩下篤也氏
作出年: 2010 年
港の見える丘公園・イングリッシュローズガーデン

作出者 岩下氏の本バラに関するブログ記事

色がとってもかわいい、可憐なバラ。
アーチ部分などに植えられていたので、そうとう大きくなりそう。

今回咲いていて、かつ、私好みのバラの中で唯一の日本作出。
コマツガーデンに売ってたりするらしいので、来年、考えてみようかなぁ~!
やっぱり日本で生まれたバラは、他国ものよりもしっくり来る気がするのです。

楽しかった薔薇めぐり♪

バラ、本当に好きなんだなぁ~、自分。
実は、一般的なバラの香りが苦手だったんです・・・

それを最近、ようやく克服というか、「いい香りだな」って思えるように。
不思議。
嗅覚も変わるのね。

それでも一番すきなのは、ティー系の香りです。
ダマスクは苦手。

横浜めぐりもバラ方面ばかりめぐっていたので、いい香りたくさんありました!
もう季節はほぼ終わりだけれども、
洋館よりもバラが好きなので、出かけてよかった!
今度はもっと良いシーズンに行きたいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク