陽転思考のポイント<マイナスのものは、すぐ入る>

寝る前の「よかった探し」を続けよう

よかったノート

和田裕美さんの「陽転」×「営業」白熱ツアー
残すところ、軽井沢の「日程調整中」のみとなりました!

前回10/13名古屋セミナーに参加したので、ちょっとだけ内容おすそ分け♪

和田さんから陽転思考についての話を改めて聞いて、初めて「あ、私、陽転思考から遠ざかってたんだ」と気づきました。
「つもり」って怖いですね!
いつの間にか、考え方がネガティブ思考になっているのに、ゆっくりと静かに進んだからちっとも気がつかなかった。

なので、その日を機に、「よかったノート」を再開しました。
陽転思考は「最低30日は続けてください。繰り返すことで自分の中に陽転思考の根っこができます」と、和田さんから聞いています。
病気になる前、私はすっかり陽転思考が身についた!と思い、自分はもう練習しなくても、自然に陽転思考ができる、と思ってました。

だけど、ネガティブになってた!
いつの間にか。

マイナスなものは、すぐに入る

納得したのは、和田さんのこの言葉。
「マイナスなものは、すぐに入る」

ネガティブな感情は、人間の本能に基づいています。
チャレンジを引き止めるもの。
不安になって、防御本能が働く。

病気の間、「今夜、窒息死したらどうしよう」という夜が続きました。
そういう気持ちがあるから、病院にいこうとするのです。
だから、ネガティブな不安は決して全面的な悪者ではありません。

陽転思考では、このマイナスなものを否定しません。
不安で泣いても、落ち込んでもいい、怒ってもいい。

でも、悩んでいると睡眠不足になって、食欲も落ちるよね?
そこで自分の姿を見て!
ずっとそのままでいたいの?
悲しみの中にとどまっていたいの?

じゃあ、そのネガティブな場所から抜け出ませんか?
自分の力でそれはできることなのです。

簡単な抜け出し方法

ネガティブ場所から抜け出る方法は、自分の思考がキー。
「よかった」というポジティブワードを自分に積極的に投入すること!
だから、寝る前の「よかった探し」なのです。

ついでに寝る前に「よかった探し」すると、ぐっすり眠れます。
不安が少し遠のいて、安心して、心地よくなるから、眠りが深くなるんです。
これは良い循環につながります。
よく眠れる→スッキリ目覚めて気分がいい→楽しい気持ちで1日過ごせる、とつながっていくのです。

「よかった探し」は簡単なことで大丈夫!
「晩ご飯がおいしくてよかった」「電車で座れてよかった」「家族が元気でよかった」

その日、嫌なことがあったら、その出来事の中に「よかった」を探すことも挑戦!
仲間から無視されたら、たとえば「無視される人の気持ちがわかってよかった。自分はしないようにしよう。」とか、「無視されたけど、自分がへこたれないでよかった。強くなったことを自覚した。」とか。

そうやって、よかっただらけにして、今日もおやすみなさい~
また明日、キラキラ楽しい気持ちで1日を迎えましょう!

陽転思考セミナー(その日から使えるワークショップ付)のご案内

こんな私がお手伝いする陽転思考セミナー、
大阪はあべのハルカスで開催です!

自己肯定感があがる!!現状からステップアップできる!!
和田裕美式「陽転思考」体験セミナー 2018年11月22日(大阪府)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク