陽転エデュケーター5期のzoomミーティング

毎日ブログを書こうと思うんだけど、
ハーフタイムに書くつもりでいたら起きられなかったり、
いつも通り長く書こうとして時間がなかったり。
結局、自分の理由で書けてなくて。
あぁ、もう、もっとテキトーに生きなくては!と思う。

今日は陽転エデュケーター5期メンバーが集まるzoomミーティング。

直前に体調を崩したメンバーから進行役を任された。
今回、進行役が不在で大丈夫かな?と思ったけど、やっぱり自分がやるのは不安があったので、いまいち「やろうか?私やるよ!」と言えずにいた。

そしたら「お願いできない?」と聞かれたので、心の準備もできないけど「うん、いいよ。」と引き受けた。
最近はこういう時、自分には荷が重いと思っても、引き受けることにしてる。
以前は「ムリ!」と即答して、相手を困らせてたと思う。

引き受けたとしても、難しい場合もあるし、やってみたらできる場合もある。
失敗してもいいのだ。
失敗したら、次はどこかを直せばできるのか、それとも全くムリなのかわかる。
それだけでも収獲になる。

以前の私は失敗が怖かったので、まず引き受けなかった。
完璧主義だし、自分でもそれがいいと思ってた。
ずいぶんと周囲にはネガティブな雰囲気をまき散らしていただろう。

今は前に比べたら、ちょっとは失敗してもいいと思えるし、
ブログだって、反省したら、テキトーでいいや、とも思える。
(でも今日も長文だ。日本代表戦見ながら)

失敗しても、それが経験になる。
結果はどんな風になったとしても、収獲はゼロではない。
トライした自分をほめることができる。
結果はNGだったとしても、不安に立ち向かった自分をほめられる。

こういうのも陽転思考を身に付けたおかげだ。
失敗して自分を責める性質は、周囲の人にも向けられる。
常に周囲の人に対して完璧を求めるようになる。

失敗も前向きに受け入れることができれば、周囲の人の失敗も受け入れられる。
そこから学べることを探そうとできる。
だから、落ち込んでも立ち上がって、次のチャレンジができる。

自分がずいぶんと変わったから、誰でも変わることができると思う。
今日の進行役だけど、一人一人の進めてきた日常が素晴らしくて、進行役なんかいてもいなくても同じだった。

同じ空間・時間で学んだ陽転エデュケーターが、それぞれの日常の中で、それぞれの役割をこなしながら陽転思考を伝えている。
私ものんびりしてられないな、と感じた(ワールドカップ終わったら)。

ココナラ登録を考えていたけど、ストアカもいいんじゃない?と。
なるほどね。
早くやってみたい♪(決勝トーナメント入ったら)

5期メンバーの集まりは次回7月末。
胸をはって発表できるよう、充実した一ヶ月にしたいな♪

※テキトーな写真がなかったので、最近の「倉田家の晩御飯」でお送りします~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク