奇跡講座 ワークブック編 118.復習105~106

しずくたち

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より118.復習105~106。

あって当たり前だったものが、
無くなった時に私はようやく気づくし、
無かったものが急にできたことによって、
またそこからも気づくことができる。

今まであったものの喪失も、
なかったものの追加も、特に不要のものだけれども、
そうした変化によってしか気づくことができないのであれば、
私にとっては、やはりなくてはならないのだろう。

こういうショックがなくては気づくことができないなんて、
(それがいいことでも、悪いことでも)残念なのだけれど、
私がそこまで至っていないから仕方がない。

そうしたこともあり、
私は少しずつ学んでいくのだろう。
今の環境に対して静かに感謝したい。

怒りもあれば、喜びもまだまだあるのだけれど、
それでも一旦静かに感謝したいと思う。

私が静まって、真理に耳を傾けられますように。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.118.2:1より

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク