奇跡講座 ワークブック編 117.復習103~104

海辺

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より117.復習103~104。

朝から、事実はこうなのに、
それを頑なに納得してもらえない、ということがあり、
こういうときこそ、「奇跡講座」について考えるべきかな、と思いました。

それが、この世界的には
「あなたが間違った」ということなのですが、
相手が「自分は間違ってない!勝手に決めつけるな!と」怒りだしました。

私の言い方が非難する感情がこもっていたからだと思います。
それで当然のごとく、こちらに跳ね返されてきたのですが、
跳ね返ってきて、ようやく相手が傷ついてるんだなぁ~と分かりました。

私は自分に対してもかなり批判的ですが、
周囲に対してもそう(それ以上かも)なので、
多々こういうことが起こります。

事実を重視するあまり、心情は重視しない。
そこが他の人よりも強いのです。
他の人はもっとバランスが取れていたり、
心情重視の人もいるのだろうなぁ~と思います。

今まで事実重視でしたが、
奇跡講座」の観点から考えると、
事実はどうであれ、愛重視ですよね。

その「分かりやすい事実」から入ってしまうクセを
直していく時なのでしょう。

未だに「事実はこうなのに!」と心が暴れそうになりますが、
まずは焦らず、短絡的にならない。
そして、相手を追い詰めない、ということかな。

相手が本気で怒ってくれたおかげで、
気づくことができたことに感謝します。

まだ気持ちが●●なのに!と叫びたくなることがありますが、
小池龍之介さん(考えない練習)式なども使って、
「私は●●と思っていましたとさ」と流すことですね。

いつも心は穏やかでありたいと思うから、
人との接触を嫌がるのですが、
やはり一つ一つ乗り越えていかないと、
いつまででも人から逃げることしかできないのでしょうね。

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク