奇跡講座 ワークブック編 114.復習97~98

TOKYO

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より114.復習97~98。

本当に私はお金に対する執着がすごいな~と思う。
それは、お金=幸せと思っているから。
自分にないものはお金で、それがあれば幸せになれるのにって考えてしまう。

だから、お金を生み出さないものは悪(ものすごく単純に言えば)。
いやいやそうじゃないでしょ!っていう言葉は分かるんだけど、
言葉上のことじゃなくて、実際の実感として納得できてない。

きっと私は、今、お金がないから、
お金がないことが悪の元凶だと思うのだろう。つまり、自分にない、自分の外側にあるように思えるものを
スケープゴートにしている、というわけだ。

こういう自分の心の成り立ちを「奇跡講座 」はいつも教えてくれる。
結局、お金がないことが悪いのではなく、
ただ、自分の思い通りにならないことをお金のせいにしているだけなのだ。

そして、いつも自分が不完全だと思えるように、
この世界はできている。

となりの芝生はいつも青く見えて、
「●●さん、いいなぁ~」「私が●●さんだったら~」なんて考えるけど、
●●さんにだって、私の想像を絶する悩みがあるのだ。

肉体は、私の霊を封じ込めることはできず、神が創造していない制限を私に課すこともできない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.114.1:3より

霊が自由であることは、
誰によっても制限されていないものなのだ。

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク