奇跡講座 ワークブック編 101.神の意志が私に望むのは完全な幸せである。

あめあめ。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より101.神の意志が私に望むのは完全な幸せである。

悲しいことも、嬉しいことも、残念なこともたくさんあって、
その度に何とも言えない気持ちになります。

こうしていちいち心が揺れることに対して、
「存在していないのになぁ~」という気持ち。

同時に揺れることに対する動揺。
穏やかな人って(こういうことに揺れない人)実はつまらないんじゃ?
などという自我から出てくる恐怖。

仕事のことも、家庭のことも、
現実ではない、と思えば、
「まぁ、何とかなるか・・・」と少し楽になる。

喜びこそが公正なものであり、苦痛はあなたが自分を誤解したしるしにほかならない。
熱に浮かされた想像の中で罪がもたらしたすべての結果から、神の意志が自分を解放してくれるという確信をもって、神の意志に頼りなさい。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.101.6:2より

「神の意志に頼りなさい」
この言葉がもたらす効果は大きいなぁ。

自分ひとりでは、大海に浮かぶ小さな小舟のようで、
くるくると周囲の環境に影響されて踊らされてしまう。
だけど、一番大きな源に頼っていい、信頼していい、と言われたら。

ここで、神の意志に頼ることに「大丈夫かな?」と思ってしまうのは、
今まで、一人で漕ぎつづけて、耐えてきて、
そういう「一人で漕ぎ続けるための筋肉」がついてしまっているから。

この筋肉があれば、なんとかなるのでは?と思うし、
今まで似たような「大きそうなもの」に何度も裏切られた実績もあるし、
このまま漕いで行くほうが、リスクは少ないのではないか?と考えてしまう。

だけど、漕ぎ続けるのは疲れるのだ。
疲れるから、そのたびに「ああ、もっと楽な方法はないのだろうか?」と思うんだ。

信頼するしかないなぁ。
だって、私のどこかの部分はいつも「奇跡講座 」を受け入れてる。
そのどこかの部分を、今回は信じてあげてもいいのではないか?

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク