奇跡講座 ワークブック編 97.私は霊である。

hellow!

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より97.私は霊である。

今日のタイトル、一般的に用いられている解釈とは違う気がしています。
どちらかというと「魂」という言葉がピッタリくるような。

これも「奇跡講座」の特殊用語だと思うので、このまま使いますが。
魂-心-体とよく言われる部分の「魂」に当たるのではないかと。
霊というと、どうしても幽霊とか、霊魂とか、お化けとか連想しちゃいます、私(汗)

奇跡の中では、すべての時間が静止しており、奇跡の中で主題概念の練習に使われた一分は、限界も終わりもない時間となる。
だから、こうしたわずかな時間を喜んで差し出し、その傍らに時間を超えるものを置いてくれると約束した神を、頼りにしていなさい。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.97.4:1より

最近毎時5分のレッスンが多いけど、ことごとくできてません。
帰りの電車の中で「今日もダメだったなぁ~」と思うのだけど、その時に再びやる、という気力も少ない。
こんなダメダメな自分を赦していかないと、なんだなぁ。
まるきりできてないんだけど。

仕事に入ってしまったら(毎回同じこと言ってる)
どうしてまったくすり抜けてしまうのだろう。

仕事じゃなければいいのか?
時間帯の問題なのか?
改善する手はあるのか?
しばらく自問自答しながら続けます。

奇跡講座」やってて、少しだけ楽になったなーと思うのは、
すべてのものが同じに見える(ような気がする)ということ。

モノゴトには、そういう適応ができるのだけど、
人に対しては難しい。
でも理論的には同じことだと分かる。
すべては同じだし、形状や性質の向こうに本質、実像がある。

目の機能、すべてをことごとく分解して、違うように見せてしまうもの。
心の訓練にとっては、不要なものだ。
耳だって、鼻だって、同じ機能で、
「違うから認識できる」というものなんだよな。。。

聖霊は、今日あなたに平安を与える。
聖霊の言葉を受け取り、それを聖霊に差し出そう。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.97.8:5より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク