奇跡講座 ワークブック編 96.救済は私の一なる自己から訪れる。

梅雨入りちかい。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より96.救済は私の一なる自己から訪れる。

少しずつ日々がテンポを持って回り始めました。
朝の活動開始時間が変わったため、一日の開始をゆったりと「奇跡講座」と始めることに。

通勤で疲れると一日何にもできなくなるストレス耐性ゼロの私は、
始業1時間前に到着するようにしています。
そのため、時間をもてあまし(仕事はしたくない)ブログが書けるという仕組み。

だけど、ここまでしないと私は書けないし、
まじめに取り組まないのだろうなぁ~。
実際、今まで、この朝の時間がなくなって、
ブログを夜にシフトした自由時間で書いたか、というと書いてない。

夜の自由時間が減って、
趣味に費やしたり、ダラダラする時間がなくなりましたが、
その分、朝にゆとりがあれば(身も心も)良いのかもしれません。
というか、絶対、心にとっては(奇跡講座でいうところの)いいことですね!

救済は幻想を実在させることもできなければ、存在してもいない問題を解決することもできない。
おそらく、あなたはそれができればいいと望んでいる。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.96.6:6より

つくづく私が思っている「問題」って存在しないんだよな・・・と考える。
私は日々、もっとも大切なものを置き去りにして、
存在してもいない問題をあーでもない、こーでもない、とつついているだけなのだろう。

なんて時間の無駄なんだろう。
時間もないものというのも知ってる。
だけど、今、時間軸の中で動いていると思うことからはみ出ることができない。
ならば、有効に活用して、軸の外に向かうことをしなくては。

現実って、本当に不思議。
ここにあるかのように、
実感を持たせることもできる。

その幻惑に踊らされない。

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク