奇跡講座 ワークブック編 94.私は神が創造したまままの私である。

新緑の中で

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より94.私は神が創造したまままの私である。

相変わらずワークがうまくできません。
「今日は完璧にこなせた!」なぁんて日は一日もありません。

が、そこにめげて、毎日同じレッスンをして完璧な日を求めようなんてしたところで、
段々惰性になってしまい、レッスンの本質からどんどん遠ざかります。

ほかの人はどうやっているのか分かりませんが、
私はそれなりにトライして、次へ潔く進むことにしました。
その方が、「奇跡講座」が私の中に留まる気がするからです。

今日は、再び、朝起きてから夜の就寝までの間、一時間ごとにはじめの五分間を内なる真理を感じるための時間とする。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.94.3:1より

できてもできなくても、今日はこのレッスンを行います
(って、もう昼どきですが・・・)

このゴールに到達するために求められることは、ただ、あらゆる偶像や自分像を退け、自分のものとしてきた属性のよいものも悪いものもすべて素通りして、真理を静かに待ち望むことだけである。
求める者なら誰にでもそれが開示されると、神ご自身が約束した。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.94.4:1より

「属性のよいものも悪いものもすべて素通り」
ここに相変わらずひっかかってます。
文面では理解できるけど、受け入れ拒否している自分がいる。
自我の部分と結託している自分の部分なんだけど。

とはいえ部分は全体。
つべこべ言わずに突破していきたい(という気持ちだけは大切にしたい!)

私はまだ、自分がひっかかっている、という現実が認識できているだけ。
それでも、何もつかんでいない時に比べると大きな大きな進歩!
(と、いつも自分を励ましてます)

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク