奇跡講座 ワークブック編 90.復習79~80

記憶の中のもの

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より90.復習79~80 。

のんびりやっていた復習も今日で終わり。
明日からはまたレッスンが始まる。
長い文章のページを前に楽しみなような、手ごわいような・・・

問題と答えが同時に起こっていることが、私には見えていない。
その理由は、問題と答えが時間によって引き離されることのないように、神が答えを問題と同じところに置いたことを、私はまだ悟っていないからである。
私が頼めば、聖霊はそのことを私に教えてくれるだろう。
そして私は、自分にはすでに解決されていない問題はありえない、ということを理解するだろう。中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.90.3:4より

私は自分に理解できないことを実行に移すのが苦手。
何でも疑ってかかるし。
だから神や聖霊に預けることが困難なんだろう。
彼らにおまかせすれば、答えは分かるのに。

いつも聖霊のことを思い出せず、
勝手にどんどん決断と行動を始めてしまう私。

聖霊に「どうすれば聖霊に尋ねてから行動ができるようになりますか?」と聞いたところ、
「私たちのサインは至るところに表れています。言葉だけではないのです。」
と、もっともらしい答え。

ただ、言葉として得ることができなくても、
目の前にあるものが発するサインだったり、
周囲の人からでる言葉だったり、ふと私に浮かぶアイディアだったり、
いろいろなパターンはあるかと思う。

だけど、そういう形でももたらされている、
ということをきちんと認識していなければ、活用できない。

少しずつだけど、認識できるようになりたい。

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク