奇跡講座 ワークブック編 84.復習67~68

彩雲

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より84.復習67~68。

更新頻度が落ちているので、この間に引越しを!と思ったのですが、
引越し準備に時間がかかっているので、気が赴くまま、更新を続けます。

課題になっている「お互いに縁が続くことで金銭的にも人間成長的にもマイナス関係になっているのに切れない縁」について、
ようやく縁切りの宣言ができました。

これについては「言う/言わない」「実行する/実行しない」で終始悩み、
奇跡講座の解釈と、自分の行動がズレるのではないか?これは自我のたくらみではないか?
その点で何周も言ったり来たり悩んだ点です。

期限を決めて、縁を解消する、ということにしました。
その決断をした後も、相手に伝えた後も、本当に良かったのか?と考えたのですが、
今日のレッスンを読んで、その後、レッスンに沿って静かに深く考えたり、受け取ったりして、これでいいんだと分かりました。

私はこれを口実に、愛を攻撃しない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.84.4:3より

まだ猶予期間があり、状況が変われば、このまま縁を続ける可能性だってあるのだから。
関係性を壊す方向ではなく、相手を赦し、助け、支え、状況改善するように手助けすればいい。

きっと、そうやって、私も努力し続けることで、離れることになったとしても、
私が離れる方向にばかりエネルギーを注がなかったことにより、
相手も少しは納得してくれるだろうし、私も自分の成果として眺めることができると思う。

今日のレッスン復習で「愛は不満を抱かない」を最初眺めていたときには、
こんな縁を切る提案を相手にした私はサイテーで、これっぽっちも愛に近くないと思ったけれども、
期間中、相手をほったらかしたり、おいつめることに励むのではなく、
相手を懸命にサポートすることだってできるのだ。

それで状況が変われば嬉しいことだし、
状況が変わらなくても、相手を赦せるだろう。

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク