奇跡講座 ワークブック編 82.復習63~64

奇跡講座 ワークブック編 82.復習63~64

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より82.復習63~64。

揺り戻しがきついなぁ~
多くの人が同じように感じていんだろう。
調子が良いと思ったら、ガーンと反対方向に振れるっていうこと。

これくらいの年になったら、
世の中に完璧なものはなくて、すべてが変動していることも分かる。
その変動するということが、まさに今の私の状況。
反対側に振れてしまうということは、まだまだ中央部分のバランス良い中庸の位置にいないということ。

学びが進めば進むほど、この中央の静止に近い位置に近づくのだろうけれども、それもまた完璧ではなくて、また大きな変動の波にもまれる。

そして、それは、私一人の人格的な問題ではなくて、
世の中のほぼ全ての人が同じ経験を、この世界にいる間は行っている。

レッスン61-63をやっていると、自分がものすごーく偉い人になった気分になる。
それはきっと、この世界を過大評価しているからだろう。
いつも、この部分に戻ってくる。
この世界に大きな価値をつけ、それに基づいて判断し、行動してしまう。

つい昨日も、ハートの部分よりも、お金の部分を優先してしまいそうになった。
お金>ハート(LOVEとも言い換えてもいい)。
自分のこの世界で目指すものに到達するのであれば、ハートの部分を捨ててしまってもいい、という考え。
私は周囲の人よりも、その欲求が強いようだ。
指導者になったら、権力や恐怖感で下を締め付けて、自分の利益のために邁進させてしまいそう。
(こんなちっぽけな身分でよかった・・・しかし、今の私の周囲の人は大変だ・・・)

本当の価値があるのはそこじゃない。
私にとっては、自分が死ぬときを想像して、今の行動を考えるのがしっくり分かる気がする。
死ぬときには、お金をどれだけ生み出したかよりも、どれだけ人を大切にしたかが
自分の中で重要になるだろう。

だから、世界が私とともに癒されるように、私が世界を赦すことができますように。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.82.1:5より

自分の機能を意識できますように。

私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク