奇跡講座 ワークブック編 60.復習46~50

キラキラしているもの。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より60.復習46~50。

ようやく復習終わりそう・・・
とは言え、今日もやすみなのに仕事のことでイラッとして、
かなり攻撃的なメールを相手に送ってしまったと思う。

こういう時って、絶対に自我が
「だってー、よく考えみて?誰がどう考えても、私が悪くなくて、相手が100%悪いでしょ!」
と言ってる。

そしてそれに乗せられる自分がいて
「そうだよねー、当然だよねー」って、
さささっと怒りのメールして送信ボタン押しちゃったりして。

後になって「あー、違う違う、そうじゃない!」
「だけど、どうやってとりつくろえばいいんだろう・・・」と。

一昨日Eテレの白熱教室でやっていたけど、
感情が高ぶっているときは、
冷静なときとは違う判断をしてしまうことが非常に多い。

「あちゃー、よくもやってくれたな!」なんて思っているときには、
何も行動に移してはいけないのだ。
そんな時、冷静な自分だと考えもしないバカな行動しか私はできないのだから。

私はまだ即座に赦すことはできそうもない。
ならば、どんな時も、モノゴトから一旦離れて冷静に見るべきだろう。
スペースを置く。
心がけよう。

私は、私自身の強さによって赦すのではない。
私の中の神の強さによって赦すのであり、赦すとき私はその力を思い出している。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.60.2:2より

「私自身の強さによって赦すのではない。」
そうなんだよなぁ。
私自身の強さによれば、多くのことを怖がっているし、
逆立ちしても赦せないことが多い。
だけど、神の強さが相手を包み込むのであれば。

私が世界を真に見ることができるとき、世界は私の目にどれほど安全に見えることだろう!
それは、今、私が見ていると想像している世界とは似ても似つかない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.60.3:2より

恐れている私は世界を真に見ていないのだ。
休日でさえも、心が休まっていないんだな、と分かる。
もっと、真実を見る視点でモノゴトを眺めたい。

今日良かったこと。
FBやブログ更新が面倒くさくて、PCに向かうのもイヤだった。
だけど、そんなことよりも、私にとって一番大切なのはこれ。
ここを更新すること。
その他はとにかく二の次だ。
ということで、実のない内容だけど、
更新できたことが私にとっては良かったことだし、重要。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク