奇跡講座 ワークブック編 44.神は光であり、その光の中で、私は見る。

光。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より44.神は光であり、その光の中で、私は見る。

このやり方で練習するとき、あなたは自分が今信じている一切のものごとと、自分が作り上げたすべての考えを後にすることになるからである。
正しく言うなら、これは地獄からの解放である。
しかし、自我の目を通して知覚されるならば、それはアイデンティティーを失うことであり、地獄に落ちることにほかならない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.44.5:4より

今日のレッスンをしていると、
どんな困難も大したことないなぁ~と思ったりする。

今まで誰からどうみえていようと、
私はいつも生きることが困難だった。
少し楽になったかと思うと、
また得体のしれない力で引きずりおろされる。
いったいいつになったら幸せになれるんだろう?
と思っていた。

外から与えられるものではなく、
自分から、と思ったら、
次は自分が行動して自分の世界を作るのだ、変えるのだ、という風に感じて、
実際に行動してみたりした。

それでも私の世界の出来栄えに不満がある。
1. 周りが私の世界を作る
2. 私が私の世界を作る

1でも2でもないとしたら、何だろう。
今はそこ。
そして「委ねる」ということは理解できたけれども、
そこに対して自分は努力しないのか?働きかけをしないのか?となるとまた悩む。

そこに聖霊の出番がある。
私には行動の判断ができないのだから。
アイデンティティーの崩壊はゆるやかな方がいい。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク