奇跡講座 ワークブック編 38.私の聖性にできないことは何もない。

life continue

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より38.私の聖性にできないことは何もない。

今日のレッスンも、昨日のレッスンも、
長いバージョンは1日4回の指定あり。
昨日、我ながら良くやった!と思うのは昼休みに実践できたこと。

仕事の間は、なかなか奇跡講座のことを思い出せないので、
4回の実践となると、一番簡単なのは
1. 起きてから会社行くまで
2. 行きの通勤電車
3. 帰りの通勤電車
4. 寝る前

だけど、これだと1と2の間の時間差は1時間くらいしかない!
だから「昼休みにやろうっと♪」と思ったんだけど、
昼休みは思ったよりも短く、そして、騒がしい。

そこで、私は昼寝とセットで行うことに。
実践5分+仮眠10分。
続けて行うから、イヤホンを付けて音を遮断。

時間がないのに・・・とか、
やりたくないなぁ~面倒くさい・・・とかを
何とかかわして実践成功です!

どうやってもなかなか勤務開始~退勤までに
奇跡講座を割り込ませることができなくて、
いつも悩んでいたけど、昨日は少しだけ前進♪
今日も同様のパターンで乗り切れるか?!

今日の演習の目的は、自らの本性のゆえに、自分にはすべてのものごとに対する統治力があるという感覚を、あなたの中に植えつけていくための一歩を踏み出すことである。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.38.5:5より

「すべてのものごとに対する統治力がある」
現実であれこれ動くように努力を続けて、
ようやく、このことが少しだけ分かるようになった。

以前はすべては周囲のせいであり、
私はいつでも不幸だった。
自分は神の子なのに、どうして?とずっと思っていた。

今回の統治力は「現実を変える力がある」と言っているわけではない。
現実は妄想であり、あくまでも外の世界。

だから、自分の内なる力を利用して、外を見る視点を変える。
そうすると、すべては私の統治下に収まる。
だって、見ているのは私以外の誰でもないんだから。

でもここに至るまでに、
「今日雨が降っても、すべての責任は私にある」と思うことは訓練になった。
何かを傍観して、あれこれ言うということが
どんなに簡単で無責任なことかもわかった。

そしてやっと、自分は悪くないということと共に、
誰かのせいでもない、
という位置に近づいてきた。

まだまだこれから一悶着あるのだろう。
それでも進んでいる、確実に、ちょうどいいペースで。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク