奇跡講座 ワークブック編 37.私の聖性が世界を祝福する。

洗い流す。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より37.私の聖性が世界を祝福する。

今日のレッスンはすごくスキだなぁ~
レッスンはどれに重きを置くのではなく、
どれも同じ扱いで進んでいくようにするけれども。
私たちがここに存在する目的についての記述がクリアだから。

あなたの目的は、世界を自らの聖性を通して見ることである。
そのようにして、あなたも世界もともに祝福される。
誰も何も失わない。
誰からも何も奪われることはない。
誰もが皆、あなたの神聖なる心眼を通して恩恵を受ける。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.37.1:2より

世界を自分の聖性を通して見ること。
今日のレッスンもそのままの内容だ。

あなたの聖性は、彼から何も求めないことによって彼を祝福する。
自らを全一と見ている者は、何も要求しない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.37.2:6より

自らを全一と見る。
読んだ瞬間には「ああ、そうだよね。」と思うけれども、
日常生活の中で、なかなか実現できない。

どうしても、自分が欠けた存在だと思ってしまう。
本当に欠けているのではなく、
長年の認識の繰り返しによる蓄積が、
私たちをそう思わせているだけなのだけど。

重い呪縛だけど、
自ら信じて言い聞かせ続けることでしか現実のものにはならない。
誰かに、外部から、言ってもらうものではない。
あくまでも自分から湧き出るものとして、認識を変え続ける。

「外からではなく内から」
強烈にそう考えるようになって、まだ日は浅い。
だからこそ、自我の揺り戻しも来るだろう。
後退しつつも、それを一時的なものとして、前進したい。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク