奇跡講座 ワークブック編 30.私が見ているあらゆるものの中に神がいる理由は、神が私の心の中にいるからである。

光の元。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より30.私が見ているあらゆるものの中に神がいる理由は、神が私の心の中にいるからである。

やっと30(笑)
ブログが書けなくて、何日もこのレッスンを繰り返していました。
誘惑多いなぁ~

私の場合は、やめることや、捨てることの方が簡単で、
継続することの方が難しい性格みたい。
だからこそ、マイペースでなんとか止めずに続けることを目標にした方がいい!

もちろん毎日更新できれば一番ベストなので、
そこを目指す姿勢で。
できなくても自分を責めない。
ただ1年後に365レッスン終わらないというだけなんだもの。

そうではなく、私たちは自分の心の中にあるものを世界の中に見ようとする。
そして、そこには私たちが見つけたいものがある。
そうして、見ているものを自分から離しておくことをやめ、それとつながることを試みる。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.30.2:3より

今日のレッスンはかなり新鮮。
今まで「投影」というのは、悪いことばかりイメージしてた。
どちらかというとネガティブ思考なので、
「こんなに悪いことばかり起こる世の中は、私の心が悪いから、それが投影されているのだ」と。

だから、自分の心の中の神や聖霊が住む良い部分というのは、
あるんだろうな、とは思っていたけど、
それが投影されている、なんてことは考えたことがなかった。

未だに自分の中の神が投影されているなんて信じられないけれど、
ここは信じる信じない、ではなく、実践するしないしかない。
そして自分の中に神がいると考えることは、
おこがましいとか、恐れ多くもない。

同時にその神は人間が作った自分と同じ彷徨う感情を持った神ではない。
もっと純粋に愛だったり、喜びだったりの塊のようなもの。

不安も感じる必要がない。
すべてはすでに終わっているのだから。
ただその終わりは見えてないから、ビクビクするけれども、
終わった後はとにかく穏やかになれるのだから。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク