奇跡講座 ワークブック編 23.攻撃的な考えを放棄することで、私は自分の見ている世界から脱出できる。

軽やかに。

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より23.攻撃的な考えを放棄することで、私は自分の見ている世界から脱出できる。

世界を嘆いても無駄である。
世界を変えようとしても無駄である。
それは結果にすぎないのだから、変わりようがない。
しかし世界についてのあなたの考えを変えることならば、確かに意義がある。
そうすれば、原因を変えることになるからである。
その結果は自ずと変わっていく。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.23.2:2より

今日のレッスンをやっていると、とても気分が良くなる。
自分の見ている世界から脱出できる、と保証されているからだろう。

何をやっても満ち足りることがない。
成功よりも失敗の方が多い。
そんなフツーの人生を歩んでいる私は、
このどーしよーもない世界から、自力で脱出できるのであれば、
そこに力を注ぐだろう。
だからこそ、奇跡講座に惹かれるのかもしれない。

今日のレッスンを電車の中でやっていると、
いつもより、うまく周囲を許容できるように感じた。

雨の日は普段よりも人から密着されることが気になるし、
他人の傘のしずくがつくことも気になる。
蒸してくる車内も気になる。
そういうことのすべて。

こーんな細かいところまで、いちゃもんつけてるのね~と
いつもながら自分の怒りが全方向に発散されているのは気になるけど。

それでも、今までは全方向に出していることすら気づいてなかった。
時には、その怒りが「正しい」ことに繋がっていて、
取り下げる必要性なんて全く認識していなかった。

ほんと、少しずつだなぁ~と思う。
一日雨だけれども、今日もいろいろあるんでしょうね。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク