奇跡講座 ワークブック編 19.私の考えがもたらす結果を体験するのは、私ひとりではない。

Joseph Mallord William Turner

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より19.私の考えがもたらす結果を体験するのは、私ひとりではない。

昨日のレッスンでは視覚でとらえられるものを、
今日のレッスンでは目をつぶって心がとらえられるものを、
どちらも同じように奇跡講座の考え方にあてはめていきます。

あなたもいずれ気づく通り、ある時は思考に関する主題概念が近くに関する主題概念よりも先に紹介され、またある時はその逆になっている。
この理由は、順序は問題ではないからである。
原因と結果は決して分離しないので、思考とその結果は実は同時に起こっている。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.19.1:2より

少しずつ、うまく進めるように作られているなぁ~
外から受け取るもの、中から受け取るもの。
どちらも同じように対応すること。

そして、思考とその結果は同時に起こっているということ!
時間というものが分離しているように見せているけれども、
原因が生じたときには、結果も同時に生じている。
だから私たちが天国に帰ることもすでに生じていることになるだろう。

今日は再び、心はみなつながっているという事実を強調する。
この主題概念が最初から全面的に歓迎されることはまずないだろう。
厖大な責任の感覚がつきまとうように思えるし、「プライバシーの侵害」とさえ見なされるかもしれない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.19.2:1より

「厖大な責任の感覚がつきまとう。」
だからこそ、「これじゃイカン!」と思う。

私は基本的にいろいろなことをオープンにしている。
だけど、思考となると別。
一部は切りだしてみるけれども、全部をお見せするのは難しい。
決して綺麗な内面ではないから。

だけどだけど、今日のレッスンを行い、
つながっていることを考えることによって、
考えることや判断することを回避できるのであれば!
そんなに重要ではない、ということなのでは?

私は変わりにくいものが好きで、
(もちろん変わりやすいものも好きだけど)
永遠という言葉がかなり好きで、真理だと思う。

思考もこの人生の中にあふれるものも、
すべて変わったり、変えられるものである。
つまり真理ではない。

なんだか少し、分かってきた。
自分が本当に求めているものは「永遠のもの」という確信があるので、
そこを通して奇跡講座が言う真理が。
ワークブック・・・あなどれないなぁ。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. カワセミ三兄弟 より:

    カワセミ三兄弟と申します。
    お初にお目にかかります。
    さしでがましいと思われるかもしれませんが、敬虔な学習者とお見受けしたので、ひとつアドバイスいたします。
    これは私自身への言葉でもあります。
    「神の子は愛である。これは永遠の法である。
    ゆえに愛ではない心は実在しない。
    従って、私は愛以外の感情を知らない。
    愛ではないものは私ではない」

    お役立てください。

    • わか より:

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      今日のレッスンとともに何度か心に留めたいと思います!