奇跡講座 ワークブック編 9.私は、何も今あるままに見ていない。

光

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より9.私は、何も今あるままに見ていない。

一日おやすみしてしまいました~
意外に早い離脱・・・

今回のおやすみで、
自分がどういった時にレッスンをやりたくなくなるのか?
少し分かったような気がします。
また今日から続けていこうと思います。

だが、知的にはこのことを受け入れられるとしても、まだそれはあなたにとって何の意味もなさないはずである。
しかし、現時点では理解は必要ない。
実は、自分が理解していないと認識することこそが、あなたの誤った考えを取り消すために必要な前提条件である。
これらの演習は、理解ではなく練習を主眼としている。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.9.1:2より

理解できたとして、それが身につくか?
つかないと思う。
理解しただけで「へぇ~そうなんだ」で終わり。

奇跡講座はそうではなくて、実践することを求めている。
練習することが主眼。
少しずつ形を変えて、同じ原理を練習していく。

大切な期間。
私は何回目かのワークブックなので、初めての時とは感覚が違う。
もしかしたら抵抗度合いも違うかもしれない。

でもやることは変わらない。
自分の中に落とし込むように、
一つずつレッスンをこなして、反復していきます。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク