奇跡講座 ワークブック編 1.この部屋の中に…見えているものには、何の意味もない。

南国風

今日は「奇跡講座 ワークブック編」より1.この部屋の中に…見えているものには、何の意味もない。

今日からワークブック編に戻ります。

マニュアル編は比較的ゆったりとしたペースで行っていたので、
どちらかというときっちりしているワークブック編に戻ることで、
自我が大騒ぎするかと思います。

演習は至って単純である。
多くの時間もかからないし、どこで行ってもかまわない。
準備も必要ない。
訓練の期間は一年である。
演習はレッスン1から始まり365で終わる。
一日に一レッスン以上を行おうとしてはならない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-In.2:1より

ワークブック編の最初の頃は、
本当に内容があっさりとしているので、どんどん進みたくなるのですが、
きちんと序文にあるように1日に1レッスン以上行わないようにします。

最初の三つのレッスンはいずれも、一日に二回、できれば朝と夜に行い、それ以上行ってはならない。
また、一分以上続けようとすべきではないが、急いで一分以内におさめる必要はない。
中央アート出版社)奇跡講座 ワークブック編 W-pI.4:1より

最初で脱落しないような配慮かな~
奇跡講座になじんでいる私にとっては緩すぎる気もするけれども、
初めて奇跡講座に触れる人には十分だろう。

もしレッスン1であふれる意欲を持て余しそうな場合は、
レッスンを一日でも長く続けられるように、
今はその意欲を朝夜だけに使って温存してほしい。
(そうは言ってもできるものでもないけど)

テキスト編マニュアル編を終えて何回目かのワークブック編なので、
私は前回よりも深い域にいけたらいいなと思うし、
どんな時も真実を見る練習にワークブック編を使いたいと思う。

今回はどのくらいの期間がかかるでしょうか。
1年、それ以上かかったとしても、
今見ている遠さは幻覚のようなものなので、
のんびりと毎日の生活の中で実践しつつ進めていきたいと思います。

今日も私たちが聖霊の声を聞き取ることができますように。
私たちの選択を聖霊のものと一致させることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. k より:

    初めまして。奇跡講座学び始め、まだ1週間たっていません。先を言っている人達から教えていただきたいと思い書いています。簡単な文章ですが、この意味のないという意味がわからないのです。どういう意味でしょう?価値が無い、目的がない等の辞典の意味でしょうか?

    • わか より:

      Kさん、はじめまして。コメントレス遅くなりましたm(_ _)m
      奇跡講座での「意味がない」とはKさんの挙げて下さっている「価値がない」に近いと思います。
      私たちはこの世界でいろいろなことに順位づけして「これは価値があるから優先順位をあげて行動!」とか考えますが、
      奇跡講座の教えからすると「すべてのことは等しく意味がない」ことなのです~
      ただ心を愛に向けて行動するか/しないかだけが重要な意味をもつ行為になります。
      ・・・って、理解困難かと思いますので、まずはワークブックを「ただやってみる」で良いと思います。
      それで合ってるなぁ~と思ったら、テキスト編を読んでみてくださいね♪

      • k より:

        ありがとうございます。共感しました。

        • わか より:

          こちらこそありがとうございました。
          初心に返る機会になりました☆