奇跡講座 マニュアル編 6. 聖霊*用語の解説

求める/与える

今日は「奇跡講座 マニュアル編」より6. 聖霊*用語の解説

聖霊が声であるように思えるのは、そのような形で神の言葉をあなたに語るからである。
遠い国を旅するための導き手のように見えるのは、あなたがそのような形の助けを必要としているからである。
聖霊は、あなたが自分に必要だと思っていることを満たすどんなものでもあるように見える。
しかしあなたが自分自信を本当は不要なものを必要と思い込む罠に陥った者として知覚するとき、聖霊はそれには騙されない。
こうしたものから、聖霊はあなたを解放しようとする。
中央アート出版社)奇跡講座 マニュアル編C-6.4:5より

日々、聖霊の声が聞き取れない、と思うのだけど、
それは、聞き取る側の姿勢にあるとも分かっています。

昨日気づいたのですが、
「毎日一日のの終わりに家計簿をつける」
ということが、自分にとってどれだけ難しいのか痛感して思ったこと。

家計簿をつけるのは、たったの5分程度で終わります。
毎日体重計に乗る、とか、
毎日ラジオ英会話を聞く、とか、
どれも5分から15分で終わります。(確か)

毎日ブログを書く(30分~2時間程度かかります)よりも簡単なのです。
でも、できない。
続けられない。

これについて、何度も考えていて、
私は意志が弱い、とか、
その先にある目的が魅力的に見えないと実行できない、とかでてきて、
では、目的を作って、それに向けた道筋にする、ように実践してみましたが、
あっという間に「今日はできなかったなぁ~」となります。

そこで、たったの5分や10分がどうしてできないのか?
最悪のときは、眠る前の一瞬、神との祈りができなかったりします。
一瞬、行うだけなのに!
そして、今は、こんなにも目的意識にあふれているのに!

気づいたのは、無意識の間に時間が流れている、ということ。
でも、無意識のときも、実は選択しているのです。

私たちの生活は、細かな選択の連続です。
ブログ書くときに、文字をうつのも、カーソルを動かすのも選択。
そう考えると、一秒ごとに選択しているといっても過言ではないと思います。

じゃあ、その無意識の選択の間にどうなっているかと言うと、
習慣で動いているのです。
慣れ親しんだ行動から、無意識(と思える)に選択して、行動しています。

つくづく習慣ってこわいなぁ、すごい力だなぁ、と気づきました。
習慣や学習があるから、無意識で選択ができてしまうけれども、
そこに何か新しいものを加えることが、こんなにも大変だなんて!

聖霊の声が聞こえるよう、
私たちは聞き取る姿勢を持たなければなりませんね。
それには、心を静かにする必要もあるかも。

文章がうまくまとまりませんが、今日も聖霊と共に過ごせますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク