奇跡講座のテキスト。第30章Ⅴ唯一の目的

梅

今日は「奇跡講座 テキスト編」より30-5 唯一の目的

実相世界とは、この世界の唯一の目的は赦しだと見られている心の状態である。
中央アート出版社)奇跡講座 テキスト編T-30.V.1:1より

シンプルで分かりやすい。
問題はそれを受け入れられるか、どうか。

私がこの世界に生まれてきた目的も同じ。
赦しを通して実相世界に向かうこと。
それ以外にこの世界で何かを達成することなどはまやかしであり、
一番間違って目指しやすいゴールだ。

なかなか受け入れられない。
相変わらず。

もっと目に見えることでしょ?
私がどのようにキャリアを積んでいくか、とか。
分かりやすそうなものをつかみたがってる。

考えてみれば、この世界の価値を手放すということは、
今まで大切だと思ってきたこと、
生きていく上で指針にしてきた価値観を手放すこと。

それを軸にすべて決断してきたのだから、
その軸を失うことになるような、
何か自分の安定感がなくなり、いつもフワフワしてしまうんじゃないか、
そんな不安がつきまとう。

決断だって、今まではしてきたけど、
聖霊に任せてしまえばいいのに!
そう思うけど、やっぱり怖くて手放せないもののひとつ。

だから、根気よく、教えを受け続けていく。
怖がっているのは分かった。
一番効果的なのは「大丈夫だよ」と、ささやきつづけること。

威圧的に言うのではなく、
脅すように言うのではなく、
ただこっちは安全だよ、と。

ここを超えたと思えるような人に私は会ったことがない。
そういう人たちは自分で宣言するわけではないので、
こちらから見つけ出さないと見つからないのだろう。

そういう人がいればいいな、と思う。
手っ取り早い目標になり、
憧れになり、
すべてを赦していくための指標になるんじゃないか。

だけど同時に、今いないということは、必要ないんじゃないか。
もしくは今まで必要なかったけど、求めていたら現れるんじゃないか。
そんな風に思ったりもする。

目的はそういう人をみつけることではない。
みつけようと、みつからまいと、目標は変わることがない。
私がすべてを赦せること、それのみがゴールだ。

どうなっていくんだろう。
一年後、五年後、十年後。
振り返ったときに、少しでも先に進んでいますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク