奇跡講座のテキスト。第18章Ⅴ幸せな夢

ホワイトデー

今日は「奇跡講座 テキスト編」より18-5幸せな夢

前回更新から約3週間たってしまいました!
更新できなかったなぁ~(汗)
最後の更新あたりは、かなり頑張って忙しい最中に更新しました。
どんなに忙しくても、なんとか続けていける、と思ってた。

が、私の自我は「忙しくて疲れてるときに読んでも集中できないよね?」とか、
「更新したり、テキスト読むなら、その時間を睡眠に当てた方がいいよね?」とか、
「疲れているから、その状況から逃避できるゲームに逃げ込めば癒されるよ?」とか。
とても魅力的なプランを、学習の代わりに提案してきます。

そもそもこの忙しさ自体、無意味なことをこねくりまわしているだけなのに、と思いつつも、
やはり、「○○日までにコレを仕上げなくては!」という観念に追い回され、
結局、こうして、ほぼそれに関してやることがなくなるまで、
私はブログ更新することができませんでした。

テキストは少しだけ読みました。
が、更新できないので、先に進む気にならず、同じ場所をぐるぐると。
同じところを読んでいると「これは読んだな」と思い込んで進めるため、
理解しているつもりで、サラリと流してしまい、まったく頭に入ってなかったり。

今日もブログを書くことに、大きな大きな抵抗感がありました。
ストイックな生活に戻りたくない、とか、
ブログ再開すると、毎日かなりの時間が取られるからヤダ、とか。

でも、それでは学習は進まないのです!

私の中にある程度、奇跡講座に関する知識はありますが、
テキストを読まず、実践し続けるには、私はまだ未熟。
自分勝手にどんどん解釈してしまい、逆効果さえも起こしかねません。
やはり、まだテキスト編や、ワークブック編によるガイドが必要なのです。

では、今日のセクションに。

あなたには進歩と後退の区別もつかないのだから、自分でその計画の責任者になろうとしてはならない。
あなたは自分の最も大きな進歩のいくつかを失敗だと判断したことがあるし、最も深刻な後退のいくつかを、成功だと評価したこともある。
奇跡講座 テキスト編T-18.V.1より

うそっ!?
その区別がついていないなんて。
どんなミスがあったのか教えてほしい!
・・・そう考えましたが、やはり分からない方がいいな、と結論づけました。

○○の時は間違って、○○の時は合ってたよ、というのをどうして知りたいかというと、
次からその判断を間違えないように学習するため。
だけど、その判断は、今の時点では、きっと間違いだらけであり、
判断すること、そのものが危険なのだと思うのです。

私はなにかと聖霊を出し抜いて判断したがります。
ここ数週間は聖霊のことなど、殆ど思い出しもせず、
自分の判断だけで行動していました。
しかし、その渦中にある間、私は聖霊と共にいる「つもり」でした。
今振り返ると、ちっとも一緒にいなかったのですが。

こんな私でも、聖霊は私から再度呼びかけがあるまで、忍耐強く待っていてくれます。
今回も戻ったり離れたりしても、聖霊はイヤな顔ひとつせずに受け入れてくれます。
嫌味を言われることもありません。

あなたの役割はただ、すべての恐れと憎しみを取り除いてもらいたいし赦されたいというささやかな意欲を、聖霊に差し出すことだけである。
聖霊の理解とつながったあなたのわずかな信の上に、聖霊は贖罪におけるあなたの役割を築き、必ずあなたがそれを容易に果たせるようにする。
そして聖霊と共に、あなたは頑固な岩のごとき信を足場に、天国にまで届く階梯を築く。
奇跡講座 テキスト編T-18.V.2より

「しょくざい」を変換すると「食材」と出て、苦笑い。
変換のクセまで変わるくらい、私は長く別の世界に行っていたんだなぁ。
戻ってこれてよかった。

しばらくの間、抵抗が強いかもしれないけれど、
以前と同じように、一日一セクションのペースに回復できるように心がけます。

今日も多くの学習者が聖霊の存在を意識に上らせることができますように。
そして、聖霊に判断を委ねることを恐れずにすみますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク