奇跡講座のテキスト。第15章Ⅱ疑念の終わり

葉牡丹

今日は「奇跡講座 テキスト編」より15-2疑念の終わり

時間のことは気にかけずにいなさい。
また、すべての恐れを取り除く聖性の瞬間を恐れることはない。
平安の瞬間は、そのとき恐れがないからこそ永遠のレッスンなのである。
奇跡講座 テキスト編T-15.II.2より

ツイッターでリアルタイムに情報を下さる ふぅさんから、
何といえばいいのか、やはりショックだったと言うべきか、
ワプニック博士の死去についての発表があった。

風道(かざみち)
ワプニック博士、死去

お会いすることはないだろうと思っていたけど、
本当にお会いしないまま、なんだな。

ワプニック博士なら、どう言うかしら?
幻想を見ているだけだよ、と言う?
時間の向こうで、私たちと一つになって微笑んでいる?

JACIMのQ&Aリストはワプニック博士の言葉ですが、
今を生きる私たちと、奇跡講座/コースとの間をつなぐ大切なもの。
ゲイリー氏の著作にも助けられていますが、同じくらい大切な位置づけ。

JACIMでも発表がありました。
ケネス・ワプニック先生ご逝去のお知らせ

残念なことですが、救いはJACIM運営者たちが、
ワプニック博士と数多くの遺されたものに対して日本語訳の許可を取っていること。
私たちの時代の偉大な教師の一人が遺されたもの。
生涯をかけた取り組みに敬意と感謝を示したいと思います。

この一秒を取り出し、それを時間を超えたものとして経験するように学ぶということは、すなわち、自分自身を分離していない者として経験し始めることである。
奇跡講座 テキスト編T-15.II.5より

その地点にワプニック博士は必ずいる。
寂しいけど、彼と再会するという目標も芽生え始めた気がする。
一度も今生ではお会いしていないけど、やはり再会なのだ。

私たちが担う小さな役割を、何度も繰り返し練習していく。
それ以外に必要なことは何もない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク