奇跡講座のテキスト。第14章Ⅱ幸せな学習者

ひだまり。

今日は「奇跡講座 テキスト編」より14-2幸せな学習者

聖霊は幸せな学習者を必要としている。
聖霊の使命は、幸せな学習者の中で幸せに達成される。
ひたすら不幸に献身しているあなたは、まず最初に、自分が惨めであり、幸せではないと認識しなければならない。
この対照性なくしては教えることができない。
というのも、あなたは不幸こそが幸福だと信じているからである。
奇跡講座 テキスト編T-14.II.1より

このタイトルを読んだとき、
「あなたは奇跡講座に出会えたから幸せなんですよ」みたいなことが書いてあるかと思いました。
が、予想とはまったく違う内容。
この状態は不幸であり幸せではない、と正しく認識することによって、
本当の幸せとは何かが分かるのですね。

あなたは無に価値があると信じ、それを貴ぶようになるだろう。
小さなガラスのかけらも一粒の塵も、肉体も戦争も、あなたにとって、みな同じである。
なぜなら、無でできているものを一つでも貴ぶなら、無が貴重なものになり得ると信じ、真実でないものを真実とする方法を習得できると信じたことになるからである。
奇跡講座 テキスト編T-14.II.1より

ガラスのかけらを大切にしているような(ミネラル好きです)私には、
この言葉はずいぶんと厳しいです。
戦争と同じ。

自分にとってキラキラ光っていて素敵なものと、あのおぞましい戦争が同じ。
「同じですよ」という理論は、分かります。分かっています。
まだまだ受け入れたくない、と大きく抵抗しているのが、今の状態。

自分ではどうしようもないので、聖霊に助けを求めることにしました。
聖霊と同様の目ですべてのものを捕えることができますように。

ワークブックの最初の頃を思い出します。
一つ一つがどんなベクトルに向かっていようとも、どんなに強弱があるかのように見えようとも、
聖霊の目から見るとすべて同じ、そこにあるのは無なのです。

真理が真実である。
それ以外の何も問題ではなく、それ以外の何も実在せず、それにおいて他に存在するものは何もない。
奇跡講座 テキスト編T-14.II.3より

いつも、もっとモノゴトはシンプルだと思うのですが、
思いながらも、複雑な形の方を見出して、そちらが真実だと納得してしまう。
心の奥深くでは、単純な真理を求めていますが、
実際には「そんな単純なことが本当だなんて、バカなことがあるわけない!」と複雑さに流れてしまう。

不要な回り道をわざわざ自分で通ってきた、ということですし、
その回り道の方が楽だと思っていたのでしょう。
これが幸せと不幸を勘違いしていることにもつながっていると思います。

彼らを絶望に縛り付けているように見える重たい鎖は、あなたが彼らに光をもたらすまでは、それが無だとは彼らにわからない。
そして光がもたらされたら、彼らは鎖が消え去っているのを見て、鎖は無であったに違いないとわかるようになる。
そして、あなたも彼らと一緒にそれを見るだろう。
あなたが彼らに悦びと解放を教えたので、彼らはあなたに解放と悦びを教える教師となる。
奇跡講座 テキスト編T-14.II.4より

昨日、すれちがう人たちを眺めながら、
「この人たちは奇跡講座/コースのことなんて、ちっとも知らないんだろうなぁ」と考えていました。

その時、不思議な感覚が私に降ってきました。
すべての人たちと、私が今よりも高い位置で一つになっている感覚。

それは、今見えているその人たちの姿ではない気もしました。
未来の時点で、一緒に同じ地点にいる感覚です。

今、私が学んでいることが、確実に兄弟たちの学びになっているという実感。
手にとって見えるものではない。
彼らの変化が明確に私にとって確認できるものではない。

それでも、確実に、私が学び、習得しているものは、兄弟たちの役に立っている。
彼らが気づいていても、気づいていなくても。
私が気づいていても、気づいていなくても。

それは孤独感のない経験でした。
今、兄弟たちと奇跡講座/コースについて共に語れなくても、
確実に私は未来の彼らと共にあることが分かった瞬間です。

小さな宝物ですが、大切にして今日も学び続けようと思います。

今日も聖霊と共に、神聖な瞬間を積み重ねることができますように。
聖霊に道を尋ね、その選択に身をゆだねることができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク