奇跡講座のテキスト。第7章Ⅹ苦痛と喜びの混同

コスモス

今日は「奇跡講座 テキスト編」より7-10苦痛と喜びの混同

心があちこち彷徨って、ついついブログを書くのが後回しに。
聖霊に「ちょっと先にこっちやってもいいよね?」と聞いても、
「そんなことせずに先にブログを!」と言われますが、
「いいじゃん、いいじゃん、ちょっとくらい!後で必ず書くんだからさっ!」

そんなこんなで2時間程度たってしまいました。
まさしく聖霊の言う通り!
遅くすればするほど、罪悪感もたまって、
他の事をしていても「あー、書かなくちゃ」とチラチラと出てきて気分を害することに。

今日のセクションはまさしくそんな私にうってつけのセクション。
これを読んで、ブログを書こうとPCに向かったものの、
2時間近く他のことをしてしまうのだから、私は相当重症なのですね・・・(汗)
気を取り直して、書いていくことにします。

問題は、聖霊の言うことが真実であるか否かではなく、あなたが聖霊の言うことを聞きたいか否かである。
あなたは苦痛とは何かを認識していないのと同様に、喜びとは何かを知らず、実は、その二つを混同しがちである。
聖霊の主な特徴は、それらの見分け方をあなたに教えることである。
あなたにとっての喜ばしいことは自我にとっては苦痛であり、自分が何であるかについて混乱している間は、あなたは喜びと苦痛を混同する。
奇跡講座 テキスト編T-7.X.3より

読んだときも、今も「あちゃー」と思うのに、次に生かせない。
「あなたは、いつまで先延ばしにするのか?」とイエスに言われそうです。

先日同じような状況で気づいたのは、自分で選びたいという気持ちが強い、ということ。
何をするのか、どこに行くのか、すべて自分で決めたい。

だから聖霊に指図されるのがイヤ。
(聖霊は指図ではなく、その時にベストな方法をアドバイスしてくれているだけなのに!)

聖霊に違う道を言われた時、しぶしぶ従うのも、
自分の意見を突き通して罪悪感を感じるのもイヤ。
だから、そもそも聞かない、という選択をするのです。

聖霊に従いなさい。
そうすれば、あなたは自我を手放すことになる。
しかし、あなたは何も犠牲にしない。
それどころか、あなたは一切を得ることになる。
あなたがこれを信じていたなら、葛藤はないはずである。
奇跡講座 テキスト編T-7.X.3より

読んだあとは「そうだ!そうだ!」と思いましたし、
せめて今日くらいは従っていたかった。

だけど、大切なのは、今、間違っていたんだ、と気づくこと。
この気づきがないと、同じことをいつまでも繰り返すことになります。

私は、こういう経験をして、このブログに書くことで、
自分の中に誤りを繰り返さない意識を植え付けようとしているのだと思います。

奇跡は神の意志と調和している。
神の意志をあなたが知らないのは、あなた自身が何を意志するかについて混乱しているからである。
ということは、あなたが自分とは何かについて混乱していることを意味する。
あなたが神の意志そのものであるのに神の意志を受け入れないのであれば、あなたは喜びを拒否しているということである。
したがって、奇跡とは、喜びとは何かについてのレッスンだということになる。
奇跡講座 テキスト編T-7.X.6より

他の場所にも出てきましたが、こういう文章を読んでいると、
私は真の喜びというものを知らず、
さらには、喜びと苦痛を取り違えている状況なのだなぁと思います。

苦痛を喜びだと感じて、
真の喜びを見出すことに恐怖を感じている。

混乱しているのですから、真実を照らすガイドがいなければ
この世界から抜け出すことは不可能。

聖霊を受け入れる。
今度こそ、せめて今日一日の残り時間でも、達成できたら素晴らしいですね。

一日の最後までも聖霊と、この世界を見つめて過ごせますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク