奇跡講座のテキスト。第7章Ⅸ神の国の延長

iPhone

今日は「奇跡講座 テキスト編」より7-9神の国の延長

スマホを購入しました。
「そういえば、親指と人差し指をつまんでいる状態から広げる状態にすると、
見ている画像が拡大されるんだよなぁ~」ということを思い出しました。

もちろん試す相手は「奇跡講座 テキスト編」。
カメラで1頁分を撮ります。

そして、親指と人差し指で画像を拡大すると・・・
読める!!

私は一日一セクション読むだけで精一杯なので、撮るページ数も多くはないでしょう。
電車に乗っている時間が活用できるかと思うとワクワクします。

ゲイリー氏の著作の中で、聖書は印刷技術が進み十分に本が安価になるまで、
庶民が聖書の内容をうかがい知ることはできなかったとありました。

本もスマホも、幻想のものではあるのですが、
それ自体に依存せず、活用して、神の国に帰る学びが促進されることは、
悪くないことだと思います。

電子書籍化は三部作(ワークブック編、テキスト編、マニュアル編)すべてが刊行されてから検討に入る、という状況です。
JACIMからのお知らせ」より

充溢(じゅういつ)
-満ちあふれること。

あなたの被造物たちはあなたのために保護されている。
なぜなら、あなたの心の中に居る聖霊は彼らを知っており、あなたが承諾するならいつでも、彼らをあなたに自覚させることができるからである。
彼らはあなた自身の実存の一部としてそこにある。
なぜなら、あなたの充足は彼らを含むからである。
奇跡講座 テキスト編T-7.IX.5より

今日のセクションを読むまで、私が創造したものとは、
この世界にあふれる意味のないものだと思っていました。
私の被造物がどんなものかは、まだ理解できませんが、
私が思っていたものとは違うようです。

創造したのに、私が全一ではないから、存在を確認できない状態なのでしょうか。
神の延長によって、私たちが生まれたということは、
私たちの延長も、同じようなものを生み出しているのでしょうか。
この部分は神の国の全容と同じく、今は存在することだけを知っていればいいのかも。

今日は知覚をコミュニケーションの道具として十分に活用したいと思います。
いつも支えてくれる存在、聖霊のことを忘れずに一日過ごすことができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク