奇跡講座のテキスト。第2章Ⅶ原因と結果

ひまわり畑

今日は「奇跡講座 テキスト編」より2-7原因と結果

私たちの想念の力は大きく、
だからこそ、制御する訓練を繰り返し学んでいかなければなりません。

恐れは制御するものではありません。
「制御する」という考え方は、最終的に恐れの存在を自分の中で大きく認めてしまうことになります。

光と闇、
愛と恐れ。

後者はいずれも存在していない、無意味なもので、
前者と共存することはなく、
前者が入ってくることで、跡形もなく消え去るものです。

・・・とは言われても、考え方は分かりますが、難しく感じます。
そこに確かに問題が存在し、訂正が必要だと認識するのが第一歩となります。

いろいろな問題に対して、私はすべて「第一歩」を見出したばかりで、
二歩目がなかなか出ません。
が、時間と空間は聖霊たちが支配しているそうなので、
どのくらい時間がかかっても、それはすべて彼らの計画通りなのでしょう。

神の使者からすでに6年半。
改めて時間の経過を考えると、自分の歩みのトロさにため息がでますが、
そもそも簡単ではない道ですし、最終的に悟りを目指しているんだから、
6年で悟りの序の口段階まできたのなら、マシな方なのかもしれません。
っと、人と比べるものでもないのでしょうけど(笑)


※リンクは「新装版」です

少しずつですが、すべての人を一なる子として見る訓練を始めました。
自分に関係のある人だけが特別なのではなく、
すべての人が特別というか、同じというか、そんなカンジを目指して。

あまり人付き合いがないことが、良い方向に出るか、うらめにでるかは分かりません。
それぞれの人が必要なだけ、周りに特別な関係の人がいるのでしょうから、
私は、私に与えられている関係性を通して学んでいくだけ。

何も晴れがましいことはない。
何も特別なカンジじゃない。
ただ、自分の中が変化していくことを、じっくりと支えていく毎日です。

今日もすべての方と共に聖霊が在りますように☆

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク