奇跡講座のワークブック。の363番目

ハイビスカス

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は361~365(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

奇跡講座/コースを学ぶのは、 テキストワークブック・教師のためのマニュアル、
どこから始めても良いと言われていますが、
テキストはとても重要だということも同時に語られています。

奇跡講座ワークブック で、毎日レッスンを続けてきましたが、
最終的には「精霊を信頼し、ともに日々を歩むこと」にレッスンは集約されていきます。

精霊は私が怒りを覚えた時には「赦すように」と優しく語りかけるでしょう。
そういう語りかけを行うのは、私が赦すことの重要性を知っているからであり、
同時に精霊が赦すことの重要性を知っているからです。

どちらかだけが認識しているものであれば、心の一致は起こりません。
いくら精霊が正しいことを私たちに語りかけても、
私たちが認識できないレベルのことは、まったく聞えてこないからです。

ですから、最終的には「精霊を信頼し、ともに日々を歩むこと」と言われていますが、
前提として、今までの360のレッスンがあり、テキスト編があるのです。
それがあってこそ、初めて精霊の言葉が正しく私たちに伝わるようになります。

奇跡講座ワークブック の3回目をしようかと思い、精霊にたずねたところ、
半年間程度の時間をあけて、再び取り組めばよいという答えを聞きました。
その間は、奇跡講座 テキスト編を読むようにと。

365レッスン終了後は、更新が毎日ではなくなるかもしれません。
しかし、日々の気づきや、毎日を精霊と共に過ごす学習者たちと励ましあいたいので、
できるだけ更新は行いたいと思います。

すべては神から離れた私たちが作り出した夢にすぎませんが、
夢から目覚めるためには、夢の中のものを使い、
一番最初に自分の心に眠るように仕向けた場所に戻るしか方法はありません。

神は私たちをお待ちです。
私たちには帰る場所があり、必ずすべての人がそこにたどり着きます。
精霊とともに、奇跡をこの世界に発現させていきましょう。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク