奇跡とは何か

富士山

今日は、「奇跡講座ワークブック341~350の冒頭にあり、毎日触れるようにとされている「奇跡とは何か」について。

「奇跡とは何か」に触れて、今回の2巡目のことを振り返ってもいますが、
2011年12月~始めた今回も、
「最初のうちは何にも分かってなかったのではなかろうか?」という気がしています。
これは、何巡回っても、振り返りの時にはそう思うのかもしれません。
しかし同時に、こう思うことは、自分が「少しだけでも進んだ」という証なのでしょうね。

まずは「ただ信じることからはじまる。
これはとても心強い言葉。
分からなくても、なんとなく真実だと思う。
そのときに、まずは信じてみる。
うん、これなら、私にもできそうな第一歩。

ちょうど奇跡講座 テキスト編が届いたので、読み始め、改めて「ああ、そうだった」と気づきました。
まずは「奇跡の原理」から、テキスト編は始まっているのです。
ワークブックの最終部分で「奇跡とは何か」があり、テキストの最初の部分で「奇跡の原理」。
きちんとテキスト編にも「奇跡ははじまりであり、終わりでもある。」という原理13がある。
ワークブック終盤だけど、ここからまた始まりなんだろう。
奇跡を求めて、私たちは実践を続ける。

奇跡を見たい、実在を見たい。
まずはそれが存在していることを信じ、望み、それが少しでも目の前に現れるように実践していく。
来週も厳しい暑さが続くようですが、人の中に在りながら実践を続けていきましょう。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク